~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】実験結果

あなたは、リッチェルのプラ鉢を使っていますか?

ボタニーシリーズが有名で、プラ鉢のなかでもデザイン性が高くて人気ですね。

ですが共通して”鉢底に水が溜まりやすいデザイン”なのが、前から気になっていました。

さらに、

しゅう
しゅう

リッチェルのプラ鉢、いつもドリルで底に穴をあけて使ってるけど、あけないとどんな違いがあるんだろ?

と疑問に思ったので、実験してみました。

この記事では、リッチェルのプラ鉢には”ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由”と、その根拠となる実験結果をご紹介します。

「観葉植物をいつも根腐れで枯らせてしまう…」というときは、ぜひご覧ください。

◆観葉植物には「幸せになる生産性が高まる」など、たくさんのメリットが。ぜひ、観葉植物のおすすめ通販サイトで購入して、育ててみましょう。

◆「暮らしにいやが欲しい!」というときは、記事「おすすめ”花の定期便”を紹介」で”花のサブスクのおすすめサービス”をご紹介しています。


インスタでも”観葉植物の育て方のコツ”を発信中。ぜひご覧ください。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

まずは、リッチェルのプラ鉢には”ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由”と、その根拠となる実験結果をご紹介します。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由

リッチェルのプラ鉢について、ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由はこちらです。

  • 鉢の構造上、排水性が悪く底に水がたまるため
  • その結果、鉢土が乾きにくくなるため

リッチェルのプラ鉢の多くがそうなんですが、鉢底穴のまわりがくぼんでいます

こちら↓の画像でわかるとおり、鉢底穴より矢印の箇所が低いデザイン。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

水やりをすると、この”くぼみ”に水がたまり、排水性が悪くなるんです。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

次項では、実際に穴をあけたプラ鉢を使って、どのくらい土の乾き方が違うのか実験した結果をご紹介します。

【実験結果】鉢底穴を追加した場合の”土の乾き方”の違い

実験に使ったリッチェルのプラ鉢は「ボタニープレーンポット12型」です。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

ポットを2つ用意し、ひとつには電動ドリルで鉢底穴を追加しました(下画像の右側)。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

2つのポットに同じ量の土を入れ、水やりして、その重さを毎日測りました。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

実験の方法は後述するので、先に結果をご紹介します。

土の乾き方の違いは、下グラフのとおりです。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

実験結果をまとめると、次のとおり。

  • 水分量がゼロまで戻るのに、ドリルの鉢底穴アリは13.5日ナシは16.5日かった
  • つまり、ドリルの鉢底穴ナシは穴アリの1.22倍土が乾きにくい

くわしい結果は下表のようになっています(表は左右にスライドできます)。

経過日数(日後)01234567891011121314151617
ドリルの穴ナシ(g)133124115104938369564739322622161272-1
ドリルの穴アリ(g)12311410594837459453526191383-2-6-12-15

これは実際に植物を育てるとき、たとえば穴アリ鉢が水やりまで5日間かかっている場合、穴ナシ鉢だとプラス1日の6日間かかるということ。

1ヶ月で考えれば、穴ナシ鉢では穴アリ鉢のプラス6日かかります。

穴ナシ鉢は、根っこが湿っている状態が長いため、わずかながら「根腐れの可能性」を高めています。

「観葉植物を何度も根腐ねぐされさせてしまう…」ときは、鉢底穴を追加することで解決するかもしれませんので、ぜひ試してみてください。

しゅう
しゅう

とはいえ、ドリルで鉢底穴を追加するのはキケンです。DIYに慣れていない方は、慣れた人にお願いしましょう。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加する方法

リッチェルのプラ鉢の底に穴を開けるときは、電動ドライバーを使いました。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

8mmのドリル刃を装着します。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

裏側から、ていねいに穴を開けていきます。

ケガをしないように、慎重に開けましょう。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】
【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

穴を開けたら、バリをラジオペンチなどではがしていきます。
(まえはていねいにヤスリで削ってましたが、面倒なのでヤメました)

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

これで完成です。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

くぼみに穴が開いて、しっかり排水できるようになりました。

さらに空気もよく通るため、より土が乾きやすくなっています。

実験のやり方ご紹介

今回の実験のやり方は以下のとおりです。

リッチェルの「ボタニープレーンポット12型」を2つ用意。

片方の鉢底に、前項の方法でドリルを使って穴を開けます。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

次に、両方のポットに”400gの土”を入れました。

こちら↓は、”鉢+乾いた土”の全体の重さです。

(穴アリ鉢は底を削っている分、14gほど軽量化されています)

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】
【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

それぞれのポットにしっかり水やり

この時点で”土に含まれる水分量”は、穴ナシポットが10g多いことがわかります。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】
【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

その後は、通気性・日当たりがほどほどの室内で管理。

2022年の7月21日から、毎日17時に重さを測定しました。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

その結果は上記のとおりです。

【おまけの実験】受け皿なしで鉢土の乾き方を確認

じつは前述の実験の前に、受け皿なしで鉢土の乾き方を確認していました。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

置き場所はメタルラックで、スキマが多いため、通気性はだいぶ良い状態になります。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】

なぜこれとは別に、前述の実験をしたかというと、「受け皿なしでの管理」があまり一般的でないと思ったから。

「こんなに通気性がいい環境で育ててないよ」と言われるとそれまでなので、一般的な「受け皿あり」で実験しなおしました。

ちなみに、受け皿なしで鉢土の乾き方を確認した場合の実験結果は、以下のとおり。

たまたま実験の期間が晴天続きで、さらに日当たりが良い場所に置いていたため、ずいぶん早く土が乾いています。

【リッチェルのプラ鉢】ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由【実験結果】
経過日数(日後)0123456789101112
ドリルの穴ナシ(g)133122110948068564432231581
ドリルの穴アリ(g)123111998369564331189-1-9-16

まとめ:観葉植物が根腐れするなら、鉢底に穴を開けてみましょう

この記事では、リッチェルのプラ鉢には”ドリルで鉢底穴を追加したほうが良い理由”と、その根拠となる実験結果をご紹介しました。

陶器鉢では難しいですが、プラ鉢なら、比較的カンタンに鉢底穴を追加することが可能です。

観葉植物が根腐れするようなら、ぜひプラ鉢の鉢底に穴を開けてみましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ほしい植物が見つかったら、通販サイトで探してみましょう。

送料はかかりますが、お店では見られないほど ”たくさんの種類・サイズ” から選ぶことができますよ。

僕がよく利用する、おすすめの通販サイトはこちら↓です。
 1.たくさんの種類から選びたい方 → HitoHana(観葉植物の品ぞろえが国内最大級の通販サイトです)
 2.自分にピッタリな植物を知りたい方 → AND PLANTS (”パーソナル植物診断”で、最適な植物を教えてくれます)
 3.フェイクグリーンがほしい方 → プリマオンライン (本物ソックリ・高品質な造花を販売するサイトです)

「↑各通販サイトのくわしい情報や、他のおすすめサイトを知りたい!」ときは、記事「観葉植物のおすすめ通販サイト」・「フェイクグリーンのおすすめ通販サイト」をどうぞ!

毎日の作業風景”をご紹介しているAmebaブログ↓も、ぜひご覧ください。

◆「観葉植物の情報全般」は、記事「観葉植物まとめ」にまとめています。

タイトルとURLをコピーしました