~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

塊根(かいこん)植物・コーデックスとは?特徴や育て方・代表的な種類も紹介します

塊根(かいこん)植物・コーデックとは? コーデックス
出典:Amazon

ここ数年、雑誌などでも紹介されるようになった「塊根かいこん植物・コーデックス」。
ふくらんだ根や茎が特徴的で、独特な姿ですよね。

ですが、その外見的なイメージから、

塊根植物を育ててみたいけど、なんだか育て方が難しそう…

このように思っている方が多いかもしれません。

そこでこの記事では、「塊根植物・コーデックス」について、特徴や育て方、代表的な種類などをご紹介します。

「コーデックスを育ててみたいな…」と考えている方は、ぜひご覧ください。

塊根(かいこん)植物・コーデックスとは?読み方やその特徴

塊根(かいこん)植物・コーデックスとは?読み方やその特徴
出典:楽天市場

まずは、塊根植物・コーデックスがどのような植物か。
漢字の読み方や、その特徴など、コーデックスの基本知識をご紹介します。

塊根植物・コーデックスとは?

コーデックス」とは、根や茎がかたまり状になる特徴的な植物の総称です。

塊根植物の読み方は「かいこん」

塊根かいこん植物」や「塊茎かいけい植物」ともよばれ、漢字の読み方は「かいこんしょくぶつ」と「かいけいしょくぶつ」となります。

英語では「caudex」や「caudiciform」。
ちなみに「caudex」は、「木の幹」を意味するラテン語のcaudexが由来です。

塊根植物・コーデックスは多肉植物の一種

塊根植物・コーデックスは多肉植物の一種です。
たとえばエケベリアは、多肉植物でもあり、コーデックスでもある植物となります。

エケベリア
エケベリア (出典:Amazon

またコーデックスは分類上、ウルシ科やマメ科、トケイソウ化など、多くの「属」にまたがっています。

そのため、植物分類学上での区別は存在せず、あくまでもその姿すがたかたちの特徴から「コーデックス」と判断されます

塊根(かいこん)植物・コーデックスの特徴

塊根植物・コーデックスの特徴は、なんといってもその形

塊根かいこん塊茎かいけいの「まるまるとしたスタイル」は、ほかの草花にはない魅力です。

はる
はる

木肌や葉の形なども、独特なものが多いですね。

ふくらんだ根や茎には、水分や養分を蓄えています
コーデックスの原産地乾燥地帯であり、その厳しい環境で生きていくために、水分などを備蓄できるよう進化しました。

そして意外なことに、コーデックスは花も楽しめます
ゴツい姿に似合わない、可憐な花を咲かせる様子をみたら、より愛着がわきますね。

コーデックスは花も楽しめます
出典:楽天市場

塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方

塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方
出典:Amazon

次に、塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方をご紹介します。

【塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方①】生育型(育て方のタイプ)を知る

ほかの多肉植物と同じように、コーデックスにも「活発に生育する時期(生育期」と「生育がとまる時期(休眠期」があるので、そのタイプを知ることが大切。

この生育期の違いによって、コーデックスには次の4つの育て方のタイプがあります。

[コーデックスの育て方のタイプ①]夏型

夏に生育期をむかえるタイプ。

春と秋は生育がゆるやかになり、冬は休眠します。

[コーデックスの育て方のタイプ②]春秋型

春~秋に生育期をむかえるタイプ。

夏に生長をやめる品種もあるため、明るい日陰へ。
冬は休眠します。

[コーデックスの育て方のタイプ③]秋春型

秋~春に生育期をむかえるタイプ。

高温を嫌うので、夏場の管理が大切になります。

[コーデックスの育て方のタイプ④]冬型

冬に生育期をむかえるタイプ。

春と秋は生育がゆるやかになり、夏は休眠します。

【塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方②】置き場所:強い日差しを好む

コーデックスを元気に育てるには、栽培する環境を原産地に近づけることがポイント。
強い日差しで、風通しの良い場所が理想です。

冬型以外の生育型の品種では、生育期は戸外の日当たりのよい場所に置きます。

「窓辺なら室内でもいい?」と考えてしまいますが、ガラス越しでは光量が8割減となるため、光量不足となります。

1~2年かけて枯れてしまうこともあるので、注意してください。

冬型の生育期は、室内の日当たりのよい場所に置きます。
冬型といっても、日本の冬の気温は低すぎることが多いため、戸外での管理は避けましょう。

【塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方③】水やり:生育期と休眠期で変える

コーデックスの水やりは、生育期はたっぷり、休眠期は断水がキホンです。

生育期の「たっぷり」とは、土の表面が乾いたら、鉢底から流れでるほどたくさん
休眠期の「断水」とは、水やりを一切しないこと。

もともとは乾燥地帯で育つ品種ですので、水の「やりすぎ」には注意してください。

ちなみにこの「やりすぎ」とは、頻度のこと。

「やりすぎ」ないように、「ちょっとずつあげる」というのが一番いけません。
(土のなかに、つねに湿気がある状態のため、根がくさってしまう可能性が高い)

「一回の水やりではたくさんあげるが、頻繁にあげすぎない」ことを意識してください。

【塊根(かいこん)植物・コーデックスの育て方④】栽培につかう土:水はけのよいものを

コーデックスも多肉植物と同様で、水はけのよい土を使います。

市販の「多肉植物・サボテン用の土」を使ってもいいのですが、これはやや水はけがよすぎです。
そこに赤玉土の小粒を2~3割ほどまぜると、ほどよい水もちになります。

代表的な塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類

代表的な塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類
出典:Amazon

記事の最後に、代表的な塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類をご紹介します。

[塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類①]パキポディウム(Pachypodium)

[塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類①]パキポディウム(Pachypodium)
パキポディウム マカイエンセ (出典:楽天市場

「つぼ型」や「ボトル型」など独特な形と、黄色や白などの美しい花が咲くため、コーデックスのなかでも人気があるのが「パキポディウム」です。

キョウチクトウ科のコーデックス。名前は、ギリシャ語の「pachys(太い)」と「podos(足)」を組み合わせた言葉で、株の形をそのまま表しています。

その種類は、「パキポディウム マカイエンセ」や「パキポディウム ウィンゾリー」など約20種類。ほとんどはマダガスカルが原産地です。

パキポディウム ウィンゾリー
パキポディウム ウィンゾリー (出典:楽天市場

多くの種類が夏型で、春は芽吹きや開花、冬は落葉と、1年をとおして変化が楽しめます。冬は休眠しますので、断水してください。

[塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類②]アデニウム(Adenium)

[塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類②]アデニウム(Adenium)
アデニウム アラビカム (出典:楽天市場

「砂漠のバラ」とよばれる、濃いピンクの花を咲かせるアデニウム。この名前は、原産地のひとつである、イエメンの「アデン」にちなんでいます。

自生地では、砂漠や乾燥した場所の岩などに生えているため、年間をとおして直射日光がよくあたり、風通しのよい場所での栽培がおすすめです。

アデニウム ソコトラナム
アデニウム ソコトラナム (出典:Amazon

代表的な種類として、アデニウムの王様とよばれる「ソコトラナム」や、赤茶色の幹の「オベサム(オベスム)」、入門種の「アラビクム(アラビカム)」などがあります。

アデニウム オベスム
アデニウム オベスム (出典:楽天市場

[塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類③]火星人(フォッケア・エデュリス)

ウチで初めて、そして唯一育てているコーデックスが「火星人」です。大きい植物店などで取りあつかうことが、最近増えていますね。

ガガイモ科のコーデックスで、学名は「Fockea edulis(フォッケア・エデュリス)」。ちなみに「火星人」というのは「和名」です。

育つと幹がカブのようにふくらみ、枝はツル状にのびていきます。比較的寒さに強く、育てやすい品種です。

[塊根(かいこん)植物・コーデックスの種類③]火星人(フォッケア・エデュリス)
出典:楽天市場

まとめ:日光の量に気をつけながら、お気に入りのコーデックス栽培を

この記事では、「塊根植物・コーデックス」について、特徴や育て方、代表的な品種などをご紹介しました。

水やりや日当たりのルールと、育て方のタイプ(生育型)を知れば、育たかたがそんなに難しい種類ではありません。
日光の量に気をつけながら、あなたのお気に入りのコーデックスを育ててみましょう。

◆「欲しいコーデックスがあるけれど、お店で見つからない」ときは、通販サイトで探してみましょう。

参考文献・サイト・データ

この記事では、こちらの文献やサイトを参考にさせて頂いています。

  • 書籍『多肉植物&コーデックス GuideBook』主婦の友社 isla del pescado編集協力
  • 書籍『趣味園芸 12ヶ月栽培ナビ 多肉植物 コーデックス』NHK出版 長田 研 著

タイトルとURLをコピーしました