~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違いは?おすすめ培養土も紹介

「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違いは?おすすめ培養土も紹介 植物

ホームセンターなどでたくさんの培養土が売られているのをみて、どの土を買えばいいのか迷うことはありませんか?

 もしくは「観葉植物の土」を買おうとして、まちがって「花・野菜の土」を買ってしまったことは?
僕はあります。 
そのとき「これらの土は、いったい何がちがうんだろう?」と疑問を持ちました。

そこで今回は「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違いを確認してみました。

植物の土の成分などよく知りたい方は、ぜひご覧ください。

◆植物には「幸福度・生産性が高まる、空気を清浄化する」などのメリットも。くわしくはこちらの記事でご紹介しています。
・記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?

「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違い

それでは、「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違いを、「成分」と「見た目・手触り」と「使い心地」からご紹介します。

[違い① 成分]配合原料、pH、ECなどの違い

まずは「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」で、成分がどのように違うのか見てみましょう。

「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違いは?おすすめ培養土も紹介

それぞれの培養土の裏面を確認します。

培養土の裏面
観葉植物用培養土
野菜の土の裏面
花と野菜の土
サボテンの土の裏面
サボテン・多肉植物用培養土

ならべると、原料やpHのちがいなどがよくわかります。

最初に記載している(重量の割合が高い)のが、「観葉植物用=ヤシガラ」・「花・野菜用=パークたい肥」・「多肉植物用=軽石砂」というのも、それぞれの土の「おもな目的」を表していて面白いですね。
※もちろん同じ観葉植物用でも、製品によって原料内容は変わります。
 その違いが「その製品のウリ」です。

成分の違いを表にまとめると、こちらのようになります。

土の種類配合原料土壌酸度(pH)電気伝導度(EC)
観葉植物用ヤシガラ、鹿沼土、赤玉土、パーライト、バーミキュライト など6.0±0.51.0mS/cm以下
花・野菜用パークたい肥、ココピート、ピートモス、鹿沼土、粒土、パーライト、ゼオライト、ネオトリマー など6.5±0.51.0mS/cm以下
多肉植物用軽石砂、赤玉土、ピートモス、バーミキュライト、パーライト、ゼオライト、貝化石など6.3±0.51.0mS/cm以下

配合原料をみると「観葉植物用」に、パークたい肥やココピートなどを足したものが「花・野菜用」だとわかります。
これらの原料は保水性や保肥力を高める性質があることから、「花・野菜用」は「観葉植物用」よりも保水性や保肥力を高めていることがわかります。

原料から「保水性の高さ」をくらべると、次のようになります。

  • 花・野菜用 > 観葉植物用 >>>>> 多肉植物用

「多肉植物用」では軽石砂が多いため、保水性はかなり低いです。

土壌酸度(pH)の違い

土壌酸度(pH)の違い

次に、土壌酸度(pH)の違いを見てみましょう。

「pH(ペーハー)」とは、「水素イオン濃度」のことで、pH0~pH14まであります。

pH7が中性で、数値が小さければ酸性大きければアルカリ性
小学校のとき理科の授業で、リトマス試験紙を使って実験しましたね。

そして植物の育成に適した土壌酸度は、実は植物によって異なります

ただ全般的には、植物の育成にはpH6付近の弱酸性の土がむいているといわれます

※野菜を作る方は、酸度が「生育や味」にも影響を与えるため、「作物ごとに適した酸度」をより詳しく確認することをおすすめします。
土の酸度は、測定器ですぐに確認できます。

電気伝導度(EC)の違い

そして電気伝導度(EC)は、「土に含まれる肥料の量」を表します。

この数値が高いほど、「電気が伝わりやすい=イオンの量が多い=含まれる肥料が多い」ということ。

0.2~0.4mS/cmが最もよく育ち、0.8 mS/cm以上だと肥料が多すぎて濃度障害を起こすといわれます。

これは表記上は、「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の3つとも変わりませんね。

[違い② 見た目・手触り]ふかふか→さらさら

次に「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の見た目・手触りの違いを確認します。

[違い② 見た目・手触り]ふかふか→さらさら
観葉植物の土と花・野菜の土
[違い② 見た目・手触り]ふかふか→さらさら
観葉植物の土と花・野菜の土
[違い② 見た目・手触り]ふかふか→さらさら
サボテン・多肉植物の土

見た目の違いとしては、「花・野菜の土」が土の粒が細かく、「多肉植物の土」は粒が大きい

手触りの違いとしては、「花・野菜の土」はしっとりしてふっくらしています。
「観葉植物の土」は、少しサラサラしてますし、粒がコロコロしています。
「多肉植物の土」はもう、土ではなく小石ですね。あきらかに排水性はバツグン。

ちなみに多くの「植物の育て方が書かれた本」のなかで「市販の『多肉植物の土』は排水性がよすぎるため、やや『観葉植物の土』をまぜたほうが良い」と書いてあります。

市販の土で多肉植物がうまく育たないときには、2割くらい「観葉植物の土」を混ぜることをオススメします。

[違い③ 使い勝手]要注意!花・野菜の土では表面が乾いたのか確認できません

[違い③ 使い勝手]要注意!花・野菜の土では表面が乾いたのか確認できません

よく「観葉植物の水やりのタイミングは、土の表面が乾いてから」といわれ、僕も実行しています。

ですが、間違えて植え替えに使ってよくわかりましたが、「花・野菜の土」はいつまで経っても、土の表面の色が変わりません
かといって土の水分量が足りていたわけではないようで、あやうくコーヒーの木が枯れるところでした。

[違い③ 使い勝手]要注意!花・野菜の土では表面が乾いたのか確認できません

過湿がキライな品種だと、すぐに枯れてしまうかもしれなかったですね。
やはり適した土を使うことは、大切です。

◆「観葉植物の植え替え」についてくわしくは、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「観葉植物の植え替えのやり方を解説!

「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」のおすすめ品

次に「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」のおすすめ品をご紹介します。
いろいろと試してみて、今のお気に入りはこちらです。

観葉植物用のおすすめ:【アイリスオーヤマ】ゴールデン粒状培養土 観葉植物用

アイリスオーヤマゴールデン粒状培養土は、通気性を良くするために軽石をプラスしている点が特徴。
「天然有機物」を配合しているため、植物がイキイキ育ちます。

たしかに、この土とアルゴフラッシュの組み合わせが、一番植物が元気になる気がします。

花・野菜用のおすすめ:【アイリスオーヤマ】ゴールデン粒状培養土 花・野菜の培養土

花・野菜用のおすすめも、観葉植物用と同じくアイリスオーヤマゴールデン粒状培養土です。
こちらは、うちの両親が特におすすめしています。

根に優しい団粒構造と、余分な水分を排出する排水生の高さで、花と野菜を育てます

多肉植物用のおすすめ:【プロトリーフ】室内向け観葉・多肉の土

多肉植物用におすすめするのは、プロトリーフ室内向け観葉・多肉の土

「サボテン・多肉植物用培養土」ならよくあるんですが、「観葉・多肉植物用」はあまり聞かないですよね。
この組み合わせだからなのか、一般的な多肉用培養土よりも保水性が高い

そのため、保水性を高めるための「観葉植物の土」を混ぜずに、これだけで育てられるのがお気に入りです。

◆「欲しい植物・道具があるけれどお店で見つからない」ときは、通販サイトで探してみましょう。
・記事「観葉植物のおすすめ人気通販サイトをご紹介!
・記事「園芸のおすすめ人気通販サイトまとめ!

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの「培養土」人気ランキング

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの「培養土」人気ランキングは、こちらからご覧いただけます。
「どの培養土がいいか」を選ぶときの参考にどうぞ。

Amazon:園芸用土 の 売れ筋ランキング
楽天市場:培養土ランキング
Yahoo!ショッピング:培養土ランキング

◆「園芸作業をラクにしたい…」という方には、こちらの記事でおすすめ電動工具をご紹介しています。
・記事「おすすめの園芸用電動工具を種類ごとにご紹介!
・記事「【園芸・ガーデニング用】マキタのおすすめ電動工具をご紹介!

まとめ

今回は「観葉植物の土」・「花・野菜の土」・「多肉植物の土」の違いを見てきました。
原料が違うことで、保水性やpHも異なることがわかりましたね。

こうやって土をいろいろ調べていると、だんだん自分の好みに配合できるようになります。
少しずつ知識をつけて、元気な植物を育てて行きましょう。

◆「インテリア向けのおすすめ品種と、観葉植物の育て方全般」は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「インテリア向けのおすすめ観葉植物を紹介!

◆おすすめの観葉植物を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。
・記事「育てやすい観葉植物ランキング!
・記事「【室内で育てる観葉植物の種類・品種】株の大きさ・葉っぱのサイズごとに特徴をご紹介!

◆「園芸作業をラクにしたい…」という方には、こちらの記事でおすすめ電動工具をご紹介しています。
・記事「おすすめの園芸用電動工具を種類ごとにご紹介!
・記事「【園芸・ガーデニング用】マキタのおすすめ電動工具をご紹介!

参考文献・サイト・データ

この記事では、こちらの文献やサイトを参考にさせて頂いています。

  • 書籍 上田善弘・著『園芸「コツ」の科学』講談社
タイトルとURLをコピーしました