~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

観葉植物におすすめの土を紹介!理想的な土「団粒構造」の特徴や配合、培養土の使い方も解説します

観葉植物におすすめの土を紹介!理想的な土「団粒構造」の特徴や配合、培養土の使い方も解説します 育て方

観葉植物の育ち方に大きく影響する

でも、ホームセンターなどに行くとたくさんの土が売っているため、

観葉植物用には、どんな土を選べばいいの?おすすめはどれ?


こういった疑問をお持ちではありませんか?

あまり教えてもらう機会もないため、どんな土がいいのかはわかりませんよね。

そこでこの記事では、観葉植物におすすめの土や理想的な土「団粒構造」の特徴、配合、培養土の使い方まで解説します。

「観葉植物の培養土をくわしく知りたい」というときは、ぜひご覧ください。

◆植物には「幸福度・生産性が高まる、空気を清浄化する」などのメリットも。くわしくはこちらの記事でご紹介しています。
・記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?

観葉植物におすすめの土を紹介

まずは、観葉植物におすすめの土をご紹介します。

[おすすめ①]アイリスオーヤマ ゴールデン粒状培養土 観葉植物用

観葉植物におすすめの土の1つめは、アイリスオーヤマの「ゴールデン粒状培養土」です。

●配合:粒状培養土、軽石、バーミキュライト、パーライト、緩効性肥料

通気性を良くするために軽石をプラスしている点が特徴。
「天然有機物」を配合しているため、植物がイキイキ育ちます。

ホームセンターなどで売られている培養土よりも値段はお高め。
ですがそれだけ苗も元気になり、育ちやすいので、小さめの観葉植物を育てている方にはおすすめです。

[おすすめ②]プロトリーフ 観葉植物の土

2つめの観葉植物におすすめの土は、プロトリーフの「観葉植物の土」です。

プロトリーフとは、園芸資材の製造・小売りや、東京でガーデンセンターの運営などを行う企業。

観葉植物の土」は、良質な赤玉土や鹿沼土を配合しました。
通気性がいいため、観葉植物を健康的に育ててくれます。

●配合:赤玉土/鹿沼土/ピートモス/バークたい肥/もみがらたい肥/くん炭 等

前項のアイリスオーヤマの土とは、また違った配合。
どちらも使ってみて、使いやすいほうを選ぶのもいいですね。

[おすすめ番外編]多肉植物の土を2割混ぜるのがオススメ

個人的なおすすめワザですが、観葉植物の培養土には、多肉植物の土を2割混ぜるのがオススメです。
多肉植物用の培養土とは、つまり水はけがよい土

はる
はる

こうすると水やりの頻度は上がるはずですが、そのぶん土に水がたまりすぎることが減ります。

特に、観葉植物の育成初心者の方にはおすすめ。
水をやりすぎて枯れることが少なくなりますよ。

なお、鉢が5号サイズ以上になったら、鉢底石も忘れずに使いましょう。
(小さい鉢のときは、必要ありません)

観葉植物の土の基本情報

次に、観葉植物の土の基本情報をご紹介します。

観葉植物の理想的な土とは「団粒構造」の土

観葉植物の理想的な土とは、小さな粒子が適度な大きさで固まった「団粒構造」の土です。

「団粒構造」の土は、次の3点を満たす特性を持ちます。

  1. 水はけがよい(排水性)
  2. 水持ちがよい(保水性)
  3. 通気性がよい

団粒が水や肥料を保持して、すき間が水や空気の通り道となるので、根の呼吸を助けて根腐れを防ぎます。

ではどこで買えるかというと、一般的にホームセンターや園芸店で市販されている土は、団粒構造の土です。
そのなかでどれを選べばよいのかについては、次項の「選び方」でご紹介します。

古い鉢の土や庭土は使わない

観葉植物を元気に育てるために、古い土や庭土は使わないようにしましょう

古い鉢で使っていた土は、団粒構造が崩れて粒が細かくなるなど、劣化していることが多くあります。また庭の土は、観葉植物に適さない性質であることが多く、土の中に病害虫がひそんでいることも。

観葉植物に使う土は、原則として新たに購入した、新しい土を使いましょう。

ただし「古い鉢の土」は正しい手順でリサイクルすればOK

ただし古い鉢の土は、正しい手順でリサイクルすれば、また観葉植物に使うことOKです。

リサイクルの手順はつぎのとおり。

  • 手順①:土から古い根などを取り除く
  • 手順②:ビニール袋に平らになるように土を入れ、直射日光に1週間ほどあてる(これで土の中の害虫や菌が減少します)
  • 手順③:土のリサイクル材を混ぜて、団粒構造と肥料成分を復活させる

リサイクル材の成分は、製品によってさまざまですが、有機物や微量要素、土を団粒化する成分などが入っています。

観葉植物で使用する土の選び方

次に、観葉植物で使用する土の選び方のご紹介です。

初心者は市販の培養土を

最近はホームセンターや園芸店のほかに、ダイソーなど100均でも、観葉植物の専門用土(培養土)が販売されています。

市販の培養土には、赤玉土や鹿沼土、腐葉土などに加えて肥料が配合されています。
そのため初心者の方は、ぜひ市販の培養土を使いましょう

少し慣れてきたら、市販の培養土に改良用土を加えて使ってみてください。
植物の品種や置き場によって、水はけをよくしたいならパーライトを、水持ちをよくしたいならバーミキュライトを1割ほど加え、混ぜ合わせて使います。

そしてさらに慣れてきたら、前項の基本用土・改良用土を使用して、自分なりに配合すると、より園芸を楽しめますよ。

通販で買うなら、こちらのアイリスオーヤマの培養土がおすすめです。

アイリスオーヤマの公式サイト「アイリスプラザ」なら、たくさんの培養土と肥料から選ぶことができます。

植物の特性にあわせた土の配合を

観葉植物は、土に根をはって、体を支え、水分や養分を吸収します。
鉢植えの観葉植物には、鉢の土が生活の場。

土にはさまざまな種類がありますが、一種類で優れた土の条件をすべて満たすのは難しいです。
そのため、使用する土は、その植物の特性に合わせて、いくつかの土を混ぜて使います。

そして自分で用土を配合すれば、育てる観葉植物に最適な土質に整えることが可能になります。
次項で説明する「基本用土」をベースに、「改良用土」を混ぜて自分なりの用土を作ってみましょう

基本用土とは

鉢土のベースとなるのが「基本用土」です。

赤玉土

赤玉土

一般的な園芸用土で、排水性や通気性がよいことが特徴です。赤玉を粒の大きさごとにふるい分けたもので、大粒・中粒・小粒があります。

鹿沼土

鹿沼土

栃木県鹿沼市で多く採れる、多孔質の火山灰土。保水性、通気性に優れ、有機質を含まない酸性土です。

改良用土とは

基本用土にプラスして使うのが「改良用土」です。

腐葉土

腐葉土

落ち葉を発酵させたもので、保水力や排水性、通気性がよい土です。

ピートモス

湿地の水ゴケが堆積発酵したもの。自重の10~20倍も水を吸うので、保水性と保肥性がアップします。

バーミキュライト

ひる石を高温処理したものです。たいへん軽く、保水性、保肥性がよいことが特徴。

無菌のため、挿し木用土としても使われます。

パーライト

真珠岩を細かく砕き、高温高圧処理をしたもの。排水性、通気性がありますが、保水性や保肥性はありません。

水ゴケ

湿地などに生えているコケ類で、保水性や排水性、通気性がよいことが特徴。

十分に水を吸わせてから使用します。

ココヤシチップ

ココヤシをブロック状にしたものです。保水性や排水性、通気性がよく、水ゴケと同じように使われます。

マルチング材(土の表面が乾かないよう敷きつめる材料)として使われることもあります。

観葉植物の土についてのQ&A

記事の最後に、観葉植物の土についてのQ&Aをご紹介します。

Q1.観葉植物の植え替えで出た古い土は、また使ってもいい?

観葉植物の植え替えで出た古い土は、団粒構造が壊れており、肥料成分も減少しています。
つまり「植物が育つ理想的な土」ではないため、植え替えなどには使わないようにしましょう。

ですが、土のリサイクルは可能で、手順はつぎのとおり。

  • 手順①:土から古い根などを取り除く
  • 手順②:ビニール袋に平らになるように土を入れ、直射日光に1週間ほどあてる(これで土の中の害虫や菌が減少します)
  • 手順③:土のリサイクル材を混ぜて、団粒構造と肥料成分を復活させる

リサイクル材の成分は、製品によってさまざまですが、有機物や微量要素、土を団粒化する成分などが入っています。

◆「観葉植物の植え替え」についてくわしくは、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「観葉植物の植え替えのやり方を解説!

Q2.野菜の土・花の土・多肉植物の土との違いは?

Q2.野菜の土・花の土・多肉植物の土との違いは?

初心者の方が、ホームセンターなどで観葉植物の培養土を買おうとして間違ってしまうのが、「野菜・花・多肉植物の土」ですね。(私もつい先日買ったのが花と野菜の土でした)

それぞれが、野菜・花・多肉植物を育てるのに最適な土壌に配合されています。観葉植物の土と比べると、次のような違いがあります。

  • 野菜の土:保水性と保肥性が高い用土
  • 花の土:やや保水性が高い用土
  • 多肉植物の土:排水性が高い用土

◆こちらの記事では、観葉植物の土と花・野菜の土、多肉植物の違いをご説明しています。

Q3.土の表面に白いカビが生えたときは?

梅雨の季節など湿気が高い時期には、土の表面に白いカビが生えることがあります。カビに気づいたら、すぐにスコップで表土ごとかき取ってください。

そして新しい土を同じ分量だけ、足しておきます。

再発防止策としては、できるだけ換気を行って、通風をよくすることです。また、枯れ葉などを土の表面に残すこともカビの原因になりますので、表土はキレイにしておきましょう。

◆観葉植物の育て方全般でわからないことがあるときは、こちらの記事をご覧ください。
・記事「【観葉植物Q&A】育て方全般の疑問・わからないコトにお答えします

まとめ:理想的な土を使って元気な観葉植物を育てよう

この記事では、観葉植物におすすめの土や理想的な土「団粒構造」の特徴、配合、培養土の使い方まで解説しました。

観葉植物を元気に育てるためにも、土の重要性を知って、よい土を選んでいきましょう。

◆「インテリア向けのおすすめ品種と、観葉植物の育て方全般」は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「インテリア向けのおすすめ観葉植物を紹介!

◆おすすめの観葉植物を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。
・記事「育てやすい観葉植物ランキング!
・記事「【室内で育てる観葉植物の種類・品種】株の大きさ・葉っぱのサイズごとに特徴をご紹介!

◆「欲しい植物・道具があるけれどお店で見つからない」ときは、通販サイトで探してみましょう。
・記事「観葉植物のおすすめ人気通販サイトをご紹介!
・記事「園芸のおすすめ人気通販サイトまとめ!

タイトルとURLをコピーしました