~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

燃えるゴミ?不燃物?観葉植物の捨て方を解説!土の捨て方も紹介します

観葉植物・育て方

観葉植物が枯れちゃった…。かわいそうだけど捨てないと…。ゴミとして捨てるときは、燃えるゴミ?不燃物?土は?鉢はどうするといいの?

こんな疑問をお持ちではありませんか?
今はゴミの分別も細かくなっているので、”どう捨てるのかわからない”ことが多々ありますよね。

そこでこの記事では、観葉植物のゴミとしての捨て方土の捨て方などをわかりやすくご紹介します。

「枯れちゃった観葉植物の正しい捨て方を知りたい!」というときは、ぜひご覧ください。

◆観葉植物を育てることには、記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?」で解説するように「幸福度が高まる」などのたくさんのメリットが。
 ぜひ、記事「観葉植物のおすすめ通販サイト!」でご紹介するおすすめの通販サイトで、観葉植物を購入して育ててみてください。

燃えるゴミ?不燃物?観葉植物の捨て方を解説!

まずは、燃えるゴミなのか、不燃物なのか、観葉植物の捨て方を解説します。

〈前提〉”ゴミの分別・出し方”は自治体によって違います

前提の考え方ですが、”ゴミの分別方法・出し方”は、自治体によって違います
極端にいうと、A市では”燃えるゴミ”だったものが、B市では”不燃物”に分けられることも。

多くの自治体では、ゴミの分別・出し方をウェブサイトで紹介しています(山形市ならコチラ)。
必ず自治体のウェブサイトなどで、分別ルールを確かめてください。

しゅう
しゅう

なお、この記事では、僕の住んでいる山形県山形市でのゴミの分別・捨て方をメインにご紹介していきます。

同じ都道府県でも、市区町村が違うと”ゴミの分別・出し方”も変わります

ここで注意してほしいのが、同じ都道府県でも、市区町村が違うと”ゴミの分別・出し方”も変わるという点。

たとえば、同じ大阪府であっても、大阪市と和泉市では「土の分別・出し方」が次のように異なります。

大阪府大阪市では、少量ずつですが、土を普通ゴミとして出せます

大阪府大阪市:土を普通ゴミとして出せます(アプリ”さんあ~る”より)

大阪府和泉市では、土を収集してくれません

大阪府和泉市:土をゴミとして出せません(アプリ”さんあ~る”より)
しゅう
しゅう

必ず、お住まいの市区町村のゴミ分別情報を確認しましょう。

観葉植物は土を落として”燃えるゴミ”に(ただし自治体に要確認)

観葉植物の捨て方は、「土を落として”燃えるゴミ”に出す」です(山形市の場合ですので、お住まいの自治体にご確認ください)。

後述するように”鉢も分別する”必要がありますので、「枯れた観葉植物を鉢ごと捨てる」ということはできません。
植物を鉢から出し、それぞれ次のように分別して捨てましょう(山形市の場合)。

  1. 植物
    →燃やせるゴミ

  2. →埋立ごみ
  3. 鉢底石(軽石)
    →埋立ごみ
  4. 鉢底ネット
    →プラスチック類

鉢底石は”何を使っているか”で変わりますが、軽石であれば「埋立ごみ」でした。

しゅう
しゅう

捨てるのは面倒だしエコでもありませんので、土・鉢底石・鉢底ネットは再利用するのがオススメです。

大きい観葉植物の捨て方:規定の大きさに切って出す(ただし自治体に要確認)

大きい観葉植物の捨て方は、「規定の大きさに切って出す」です(山形市の場合ですので、お住まいいの自治体にご確認ください)。

山形市では、60cm以下の長さに切って、直径30cm以下に束ねて、燃やせるゴミに捨てます。

なお、観葉植物のなかには、ディフェンバキアやクワズイモなどのように「シュウ酸カルシウム」を含んでいる種類も。
シュウ酸カルシウム」は皮膚につくと、皮膚がかぶれるなどの症状を起こすこともあります。

観葉植物をカットするときには、念のためゴム手袋などで皮膚を保護したうえで、行いましょう。

観葉植物の鉢は素材によって捨て方が変わる(ただし自治体に要確認)

観葉植物の鉢は、素材によって捨て方が変わります(山形市の場合ですので、お住まいいの自治体にご確認ください)。

山形市では、”陶磁器・せともの”なら埋立ごみ、””プラスチック鉢”ならプラスチック類ゴミとして捨てます。

ただし、エコの面から考えても、欠けたり割れたりしないかぎり、鉢は何度もくりかえし使うのがオススメ。

素焼き鉢だと、白い結晶やカビなどの汚れがつきやすいですが、鉢ごと水に1日ほど浸けてスポンジでこすればキレイに落とせます
陶器鉢やプラスチック鉢の汚れなら、激落ちくんなどのメラミンスポンジを使えば、たいていの汚れはすぐ落ちますよ。

観葉植物を捨てるタイミング

次に、観葉植物を捨てるタイミングをご紹介します。

”春~秋に3ヶ月新葉が出ない”・”根が腐っている”なら観葉植物を捨てるタイミング

観葉植物を捨てるタイミングは、おもに次のような状態になったときです。

捨てるタイミング①:春~秋に3ヶ月新葉が出ないとき

1つめの観葉植物を捨てるタイミングは、春~秋に3ヶ月新葉が出ないとき

春~秋は、多くの観葉植物にとって生長期ですので、通常であればどんどん新葉が展開します

ゴムの木の新葉

この生長期に、葉が落ちてしまい、新葉が出てこないのであれば、もう根が死んでしまっている可能性大
残念ですが、自治体のルールを確認して捨て、新しい観葉植物を購入しましょう。

なお、冬は多くの観葉植物にとって休眠期になるため、新葉が出ないことはよくあります。
しかも寒さで痛みやすくなりますので、管理には気をつけてください。

◆「観葉植物の冬の管理方法」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物】冬の管理のポイントを紹介!寒さで枯らさない水やり・置き場所も

捨てるタイミング②:根が腐っているとき

2つめの観葉植物を捨てるタイミングは、根が腐っているとき

葉が枯れたり、茎がブヨブヨしているときは、根っこが腐ってしまった可能性大
一度鉢から出して、根の状態を確認してみてください。

根が黒くなってすぐに取れるなら、それは腐っています。
茶色や白い根は、生きています。

白い根は”生きている根”です

根のほとんどが黒くなっていたら、復活するのは難しいので、捨ててもいいでしょう。
2~3割だけ黒いようなら、黒い根っこだけを切って、植え替えて育てましょう。

◆「傷んだ観葉植物の植え替え方法」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物の植え替え】やり方とポイントをわかりやすく解説!

葉っぱが枯れても根は生きているケースも

葉っぱが枯れてきた…。植物全体も、枯れちゃうんでしょ?

と思う方もいるかもしれませんが、葉っぱが枯れても根は生きているケースはよくあります。

有名なところではアジアンタムで、すべての葉が枯れたとしても、根が生きているケースも。

葉が枯れやすいアジアンタム

そこですべての葉を切って、そのまま育てて、また葉が生えてくることを待ちます。

枯れた葉をすべて切って回復を待ちます

このように、観葉植物の種類によっては、復活できることもあります
葉が枯れた原因と対策を調べ、管理して、復活を目指してみましょう。

◆「葉っぱ・葉先が枯れたときの原因と対策」は、こちらの記事で解説しています。
・記事「観葉植物が枯れる理由とは?原因と枯らさない対策、復活させる方法など解説
・記事「観葉植物の葉先が枯れるのはなぜ?原因と対策、枯れた葉先の対処法

観葉植物の土の捨て方

次に、観葉植物の土の捨て方をご紹介します。

観葉植物の土の捨て方:”収集不可”の自治体も多い

観葉植物の土の捨て方ですが、ゴミとして出そうとした場合は、”収集不可”の自治体も多いので注意してください

たとえば、大阪府和泉市では、下画像のように土は「市で収集できないゴミ」とされています。

大阪府和泉市:土をゴミとして出せません(アプリ”さんあ~る”より)

また、土を収集してくれる自治体でも、”埋立ごみ”のところと”普通ゴミ”のところが。

大阪府大阪市:土を普通ゴミとして出せます(アプリ”さんあ~る”より)

各自治体で、どんなルールになっているか確認しましょう。

ホームセンター・園芸店では”同量引取サービス”も

お住まいの自治体で、土が”収集不可”だった場合は、ホームセンターや園芸店で”同量引取サービス”を探してみましょう
”同量引取サービス”とは、購入した土と同じ分量だけ、古い土を引き取ってくれるというサービス。

とはいえ、すべてのホームセンター・園芸店で行っているわけではありません。
また”同量引取サービス”はやるけれど、ウェブサイトや店内で、オープンに告知していないケースも

まずはお店で、”同量引取サービス”をやっていないか聞いてみましょう。

しゅう
しゅう

僕が以前、関東で一人暮らしをしているときは、馴染なじみの園芸店で土を引き取ってもらってました。

観葉植物の土が捨てられないなら”再利用”を

自治体で土が”収集不可”で、近所のホームセンター・園芸店で”同量引取サービス”を行っておらず、土が捨てられないなら”再利用”をしてみましょう

とはいえ、観葉植物の植え替えなどで出た古い土は、団粒構造が壊れており、肥料成分も減少しています。
そこで、土をそのまま使うのではなく、次の手順で土のリサイクルを行ってください。

  • 手順①:土から古い根などを取り除く
  • 手順②:ビニール袋に平らになるように土を入れ、直射日光に1週間ほどあてる(これで土の中の害虫や菌が減少します)
  • 手順③:ふるいにかけて「みじん」を取り除く
  • 手順④:土のリサイクル材を混ぜて、団粒構造と肥料成分を復活させる

リサイクル材の成分は、製品によってさまざまですが、有機物や微量要素、土を団粒化する成分などが入っています。

◆「観葉植物の土のはたらき」についてくわしくは、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物におすすめの土を紹介!「団粒構造」の特徴や理想的な土の条件も

”土を使わない観葉植物を育てる”という方法も

自治体が土の収集をしてくれないなら、”土を使わない観葉植物を育てる”という方法もあります。

土を使わない観葉植

土を使わない観葉植物には、次のようなものがあります。

  1. ハイドロカルチャー
  2. セラミス
  3. Table Plants(テーブルプランツ)
  4. パフカル

また、上記は「土の代わりに使うモノ」でしたが、土自体を使わない”エアプランツ(チランジア)”も。
土とちがって虫がわきにくく、清潔感があるので、台所などにも置くことができます。

くわしくは、記事「土を使わない観葉植物はある?」をご覧ください。

「観葉植物の捨て方」についての疑問にお答えします

記事の最後に、「観葉植物の捨て方」についての疑問にお答えします。

〈疑問①〉”すてられる土”はないの?

じつは、培養土のなかには”もえるゴミとして捨てられる土”もあります。
自治体で収集されないようなら、”すてられる土”を使うという方法をとってみましょう。

おすすめは「プロトリーフ すてられる土」です。

出典:Amazo

●配合:ココヤシピート/ハスクチップ/菌根菌 など

ココヤシピートとハスクチップが主原料で「もえるゴミ」として捨てることが可能。
植え替え時などに、土の廃棄に困りません。

また軽い原料を使っているため、持ち運びもラクです。

〈疑問②〉風水的にOKな観葉植物の捨て方は?

本『運が良くなる!間取りとインテリアのHAPPY風水』によれば、落ちた葉や枯れた葉は”悪い気”を呼び寄せてしまうのだそう。
そのため、落ち葉や枯れ葉を”こまめに取り除く”ことをすすめています。

残念ですが、枯れてしまった観葉植物は捨てて、良い気を招き入れましょう。

本には「風水的にOKな観葉植物の捨て方」までは書かれていませんでしたが、まえに育苗会社の先輩に聞いて実行しているのが「”ありがとう”と感謝して捨てる」こと。

しゅう
しゅう

「緑を楽しませてくれてありがとう」、「悪い気を和らげてくれてありがとう」と感謝して、捨ててみてください。

〈疑問③〉造花・フェイクグリーンの捨て方は?

造花やフェイクグリーンの観葉植物の捨て方は、作られている素材によって変わります

たとえば、PRIMA Onlineのこちらの”ツイストパキラ”は、「ポリエステル、プラスチック、器(鉄・天然木)」でできています。

出典:PRIMA Online

それぞれの素材に合わせて、分別して捨てましょう。

\注文後、一つひとつていねいに製作!スタイリッシュなデザインと、高品質な素材が特徴です/

〈疑問④〉少量の土ならゴミに入れてもいい?

ミニ観葉植物で出た”少しだけの土”なら、ゴミに入れてもいい?

これは、”土を収集してくれる自治体”ならOKですが、”収集不可”ならNGです。
NGの自治体で、土が入っていることがわかると、持っていってくれませんのでご注意ください。

収集不可のモノを出していると、宇都宮市のごみ処理施設のように火災が起こり、ゴミ収集ができなくなることも(参考記事)。
必ず自治体ごとのルールを守り、前述した方法を試してみてください。

〈疑問⑤〉引っ越しで持っていけない植物は捨ててもいい?

今度引っ越すんだけど、荷物を減らしたいから植物は持っていけない…。捨ててもいいかな?

枯れていない観葉植物を捨ててしまうのは、やはりかわいそう。
できれば、ジモティーなどで「無料で差し上げます」とお知らせして、譲ってあげてください。

しゅう
しゅう

僕も引っ越しのたびに、知り合いに植物をあげてきました。”タダであげる”と言うと、たいてい喜んでもらってくれますよ


まとめ:自治体のルールを確認して、適切に観葉植物を捨てましょう

この記事では、観葉植物のゴミとしての捨て方、土の捨て方などをわかりやすくご紹介しました。

ぜひ記事を参考に、自治体のルールを確認して、適切に観葉植物を捨てましょう。

◆「観葉植物の情報全般」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物まとめ】育て方のポイント、増やし方などすべて紹介

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 渡辺 均・監修『園芸作業の便利帳』学研

タイトルとURLをコピーしました