~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

土を使わない観葉植物はある?室内で育てるメリット・デメリットも紹介【ハイドロカルチャー・セラミスなど】

植物

台所に観葉植物を置きたいけど、虫がわきそうで心配…。土を使わない、清潔な観葉植物はある?

こんな疑問をお持ちの方に向けた記事です。
どうしても土を使うと”虫”が心配になりますよね。

そこでこの記事では、ハイドロカルチャー・セラミス・テーブルプランツなど土を使わない観葉植物の情報や室内で育てるメリット・デメリットなどもご紹介します。

「室内で清潔に、土なしで観葉植物を育てたい!」というときは、ぜひご覧ください。

◆観葉植物を育てることには、記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?」で解説するように「幸福度が高まる」などのたくさんのメリットが。
 ぜひ、記事「観葉植物のおすすめ通販サイト!」でご紹介するおすすめの通販サイトで、観葉植物を購入して育ててみてください。

土を使わない観葉植物はある?種類と特徴を紹介

まずは、土を使わない観葉植物はあるのか、その種類と特徴をご紹介します。

土を使わない観葉植物

土を使わない観葉植物には、次のようなものがあります。

  1. ハイドロカルチャー
  2. セラミス
  3. Table Plants(テーブルプランツ)
  4. パフカル

また、上記は「土の代わりに使うモノ」でしたが、土自体を使わない”エアプランツ(チランジア)”も。
上記それぞれについてくわしくは、以下でご紹介します。

〈土を使わない観葉植物①〉ハイドロカルチャー

土を使わない観葉植物、1つめは「ハイドロカルチャー」です。

ハイドロカルチャーとは、土のかわりにハイドロコーンといった「発泡煉石はっぽうれんせき」などを使って植物を植え、器に少量の水をためて植物を栽培する方法
「水耕栽培」とも呼ばれます。

ハイドロカルチャー(水耕栽培)とは?その意味
ハイドロコーン

土を使わない観葉植物としては最もポピュラー
多くのホームセンターで、こちら↓のような苗を売っている「ハイドロカルチャーの観葉植物コーナー」が設けられています。

ハイドロカルチャーのトラジスカンジア

ポピュラーですので、たくさんのウェブサイトで育て方などの情報が豊富な点も特徴

また、ハイドロコーンのほか、カラーサンドやジェリーボールを使うことも。

カラーサンド
ジェリーボール

土植えの苗をハイドロカルチャーとして植え替え、育てることもできるので、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

◆「ハイドロカルチャーのおすすめ品種や育て方」・「植え替え手順」についてくわしくは、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【ハイドロカルチャーの観葉植物】おすすめ品種や育て方を解説
・記事「【ハイドロカルチャーの観葉植物】植え替え方法を解説!
・記事「【ハイドロカルチャーの観葉植物】おすすめの肥料はこちら!

〈土を使わない観葉植物②〉セラミス

土を使わない観葉植物、2つめは「セラミス」です。

セラミスと”セラミス植え”のブロウメアナ

セラミス(セラミスグラニュー)とは、ドイツ生まれの室内園芸用の栽培用土で、顆粒状で無菌・無臭な点が特徴

セラミス(セラミスグラニュー)

前述の「ハイドロカルチャー」ほどメジャーではないため、”セラミスに植えられた観葉植物”として販売されるのは少数。
どちらかというと、”土植えの観葉植物をセラミス植えにする”ために使われるほうが多いようです。

「ハイドロカルチャー」よりも、土植えに近い感覚で育てられる点も、セラミスの特徴。

しゅう
しゅう

個人的には、土を使わない観葉植物としては「セラミス」がイチオシ!とても使いやすいです。

◆セラミスについてくわしくは、こちらの記事をご覧ください。
・記事「観葉植物をセラミスで育てるメリットとは?土植えからの植え替え手順も解説

〈土を使わない観葉植物③〉Table Plants(テーブルプランツ)

土を使わない観葉植物、3つめは「Table Plants(テーブルプランツ)」です。

Table Plants(テーブルプランツ)とは、土の代わりにスポンジを使用して、手軽に楽しめるようにGreenSnapが製作・販売した観葉植物

出典:GreenSnap

クリアカップを使ったことで、水がなくなったこともすぐにわかり、管理もカンタンです。
ミニサイズなので場所も取らず、ちょっとしたスペースで楽しめます。

出典:GreenSnap
しゅう
しゅう

2021年9月に販売が開始され、2022年4月ですでに5,000個が売れている人気商品!購入したらこのまま飾ることができるので、初心者さんにもピッタリです。

〈土を使わない観葉植物④〉パフカル

土を使わない観葉植物、4つめは「パフカル」です。

パフカルとは、土に代わる画期的な新素材として、サントリーが新たに開発したスポンジ

出典:Amazon

軽く、水分を均一に保水できるので、壁掛けにして”絵画”のように観葉植物を飾れます

出典:Amazon

ミドリエによれば、”土よりも成長スピードが速い”とされ、土と違って”燃えるゴミ”として捨てることができます。

出典:Amazon

◆「観葉植物や土の捨て方」についてくわしくは、こちらの記事をご覧ください。
・記事「燃えるゴミ?不燃物?観葉植物の捨て方を解説!土の捨て方も紹介

〈土を使わない観葉植物⑤〉エアプランツ(チランジア)

前項までの①~④は「土の代わりに使うモノ」でしたが、土自体を使わない”エアプランツ(チランジア)”もあります。

エアプランツとは、北アメリカ南部から南アメリカまでを中心に自生する、プロメリア科チランジア属チランジアの一般名で、世界に600種以上の品種があります
この学名から、エアプランツ=「チランジア」という名称でも呼ばれますね。

エアプランツ(チランジア)

最大の特徴は、「葉から水分を取り込める」こと。
「トリコーム」という毛のような器官で水分を取り込むので、土に植えなくとも成長できます。

白いのがトリコーム
しゅう
しゅう

一般的な観葉植物とは違ったコツはありますが、とても育てやすく、けっこう大きくなってくれます。部屋に”ちょっとした緑”が欲しいときにはおすすめです。

◆「エアプランツの栽培のコツや種類」は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「エアプランツ(チランジア)栽培のコツは?その魅力・季節ごとの育て方・水やりも解説
・記事「エアプランツ(チランジア)の人気の種類をご紹介!特徴と育て方もご紹介

土なしの観葉植物を室内で育てるメリットとデメリット

次に、土なしの観葉植物を室内で育てるメリットとデメリットをご紹介します。

土なしの観葉植物を室内で育てるメリット

土なしの観葉植物を室内で育てるメリットは、次のとおりです。

メリット①:コバエ・虫が発生しづらいので台所や水回りにも観葉植物を置ける

コバエや虫は、土にふくまれる「有機物」をエサに増えます

ですが前項でご紹介したハイドロコーンやセラミスなどは、人工の無機物
「有機物」がふくまれないため、コバエや虫が発生しにくいのです。

そのため、台所や水回りにも、安心して観葉植物を置けます。

メリット②:カンタンに洗ってくり返し使える

ハイドロコーンやセラミスなどは、カンタンに洗ってくり返し使えます

長く使うと液肥などで白く汚れますが、水で洗えばすぐにキレイになり、何度も使えるので経済的。

一方、土植えで使う培養土もリサイクルはできますが、「有機物をまぜて、天日干しをして…」と手間がかかります。

メリット③:水やりのタイミングがすぐにわかる

透明容器なら横から見て、陶器などでは水位計で、水の量がわかりやすくなっています。
その水がなくなってから水やりすればOK。

土植えのように「鉢土の表面が乾いたら重さを確認して…」という”感覚”に頼る必要がないので、初心者でも水やりのタイミングがすぐにわかります

メリット④:さまざまな容器を使えてインテリア性が高い

土を使わない観葉植物では、土植えのように「底に穴があいた鉢」を使う必要がありません。
つまり鉢でなくても、コップや器など、さまざまな容器を使用可能

鉢よりもバリエーションがあるため、インテリア性が高いといえます。

土なしの観葉植物を室内で育てるデメリット

土なしの観葉植物を室内で育てるデメリットは、次のとおりです。

デメリット①:植物の生長が遅い

土を使わないで育てると、土植えよりも植物の生長が遅くなります
これは土に含まれる微量要素が、ハイドロコーンなどには含まれないため。

ですから「大きく育てて、生長を実感する」ことを望む方には、あまりおすすめできません

その一方で、「あまり管理に手をかけられないので、大きくならなくていい」という方には、メリットでもあります。

しゅう
しゅう

とはいえ、パフカルのように”土よりも生長が速い”とアピールしているモノも。土植えの観葉植物を育てるのに慣れてきた方は、チャレンジしてみると面白いですね。

デメリット②:直射日光があたる場所には置けない

とくにハイドロカルチャーを直射日光にあてることには、次のようなデメリットがあります。

  1. 鉢内の温度が上がりやすいため、水の温度も上がり根が傷む
  2. ガラスなど透明な容器では、日光がとどくため根が傷んでしまう
  3. ガラスなど透明な容器では、やコケが発生して鉢内を汚してしまう

ですので、ハイドロカルチャーは日あたりのいい場所には置けません。

上記2・3は、セラミス・テーブルプランツ・パフカルにも共通するので、透明容器を使うときには注意してください。

太陽光をあてたいときは、せめて「レースカーテン越し」となります。
日あたりをあまり必要としない「耐陰性がある植物」を選びましょう。

デメリット③:鉢内が汚れやすい

土を使わない観葉植物では、底に穴があいていない鉢を使うため「水やりで鉢内の水や空気を循環させる」ことができません

そのため水や根がくされて、鉢内が汚れやすくなります。

「根腐れ防止剤」を使うなど、適正な水やり・管理を心がけましょう。

土がいらない育て方に適した観葉植物

次に、土がいらない育て方に適した観葉植物をご紹介します。

ほとんどの観葉植物・多肉植物を育てられます

じつは、ほとんどの観葉植物は、土がいらない方法で育てることができます。
しかも、あまり適していなそうな多肉植物だって育てることは可能

しゅう
しゅう

個人的に、いろいろな観葉植物・多肉植物をハイドロカルチャーなどで育ててきましたが、”合わなくて枯れた”ということはないです。

またハイドロカルチャーでは、観葉植物と多肉植物を寄植えにすることも可能
これは「つねに底部が多湿、上部は乾き気味」というハイドロカルチャー独自の構造によって、観葉植物と多肉植物が自分たちに最適な位置に根を伸ばすから。

ぜひお気に入りの植物を、土を使わない方法で育ててみましょう。

◆「多肉植物の育て方のコツ」は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「【初心者向け】多肉植物の育て方のコツをご紹介!

土がいらない観葉植物に適した鉢・容器

次に、土がいらない観葉植物に適した鉢・容器をご紹介します。

ガラスなど透明な容器がピッタリ

土がいらない観葉植物には、ガラスなど透明な容器がピッタリです。

セラミス植えのポトス・マーブル

土植えでは使えない容器ですので、とても新鮮味があってさわやか
また、カラーサンドやジェリーボールなどでハイドロカルチャーにすると、その模様や姿形が楽しめます。

カラーサンド
ジェリーボール

土植えではできない楽しみ方ですので、ぜひガラス容器で楽しんでください。

「土を使わない観葉植物」についての疑問にお答えします

記事の最後に、「土を使わない観葉植物」についての疑問にお答えします。

〈疑問①〉虫がわきにくい土ってないの?

ハイドロカルチャーは、いつもやってる土植えと違うのでわかりにくい…。できれば土植えで育てたいので、虫がわきにくい土ってないの?

こういった方におすすめなのが、有機物を使っていない培養土で、おすすめは「プロトリーフ 培養土 室内向け観葉・多肉の土」。

有機物を使っていないため、虫がわきにくい
しかも粒状ですので、通気性がよく、植物の育ちが良い。

濡れると土の色が変わるので、乾いたことがすぐわかり、水やりタイミングも判断しやすいです。

〈疑問②〉土を使わない観葉植物の育て方を教えてくれるサービスはある?

土を使わない観葉植物の育て方がわからないときは、オンラインサービスを使ってみましょう。

おすすめは”スキルのオンラインマーケット”のcoconala(ココナラ)
500円~といった低料金で、園芸業界で長くはたらいた方などに相談できます。

観葉植物の育て方などのアドバイスを個別でもらえるので、「どうしても育て方がわからない」という方は、ぜひ利用してみてください。

しゅう
しゅう

ただし、ハイドロカルチャーなどの育て方まで知り尽くした方はそういません。購入前に「ハイドロカルチャーについての相談可か?」を確認しましょう。

まとめ:土を使わない観葉植物を、室内で清潔に育ててみましょう

この記事では、ハイドロカルチャー・セラミス・テーブルプランツなど土を使わない観葉植物の情報や室内で育てるメリット・デメリットなどもご紹介してきました。

土植えとはまた違った面白さがあります。
ぜひ記事を参考に、土を使わない観葉植物を、室内で清潔に育ててみましょう。

◆「観葉植物の情報全般」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物まとめ】育て方のポイント、増やし方などすべて紹介

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 『はじめての観葉植物 Q&A』主婦の友社

タイトルとURLをコピーしました