~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

【観葉植物の植え替え】やり方とポイントをわかりやすく解説!目的別の5つの方法も紹介

観葉植物の植え替えのやり方を解説!必要なケースやポイント・実例など紹介します観葉植物の育て方

もう2年もやってないから、そろそろ観葉植物のしなきゃ…。でも、どうやったらいいの?

こうした疑問にお答えする記事です。

そこでこの記事では、観葉植物の植え替えのやり方とポイント、目的別の5つの方法などをわかりやすくご紹介していきます。

「植え替えの正しいやり方を知って、観葉植物を丈夫に育てたい!」というときは、ぜひご覧ください。

◆観葉植物には「幸せになる生産性が高まる」など、たくさんのメリットが。ぜひ、観葉植物のおすすめ通販サイトで購入して、育ててみましょう。

◆「暮らしにいやが欲しい!」というときは、記事「おすすめ”花の定期便”を紹介」で”花のサブスクのおすすめサービス”をご紹介しています。


インスタでも”観葉植物の育て方のコツ”を発信中。ぜひご覧ください。

  1. 観葉植物の植え替えとは?(基本情報)
    1. 観葉植物の植え替えとは?
    2. 観葉植物の植え替えが必要な理由
  2. 観葉植物の植え替え前に知っておきたいこと
    1. 植え替えが必要となる3つのタイミング
    2. 観葉植物の植え替えに最適な時期
    3. 観葉植物の植え替えを行う頻度:1~2年に一度
  3. 観葉植物の植え替えやり方とポイントをわかりやすく解説
    1. 観葉植物の植え替えの基本的なやり方
    2. 観葉植物の植え替えの大切な5つのポイント
  4. 観葉植物の植え替えでの注意点
    1. 〈注意点①〉マメ科の観葉植物の植え替えでは”根をくずさない”
  5. 【観葉植物の植え替え】目的別の6つの方法を紹介
    1. 〈目的別の方法①〉鉢が小さくなったから行う、観葉植物を大きく育てたい場合の植え替え(パキラで実例紹介)
    2. 〈目的別の方法②〉観葉植物を大きくせず、同じ大きさで育てたい場合の植え替え
    3. 〈目的別の方法③〉ポリポットの苗を鉢に移したい場合の植え替え
    4. 〈目的別の方法④〉冬など”適さない時期”に行いたい場合の植え替え
    5. 〈目的別の方法⑤〉「生育が悪い」・「株が全体的に柔らかい」場合の植え替え
    6. 〈目的別の方法⑥〉ハイドロカルチャー(水耕栽培)で育てたい場合の植え替え
  6. 「観葉植物の植え替えのやり方」についての疑問にお答えします
    1. 〈疑問①〉観葉植物の植え替えに失敗する理由は?
    2. 〈疑問②〉植え替えをしないと観葉植物はどうなる?
    3. 〈疑問③〉植え替えに適した土の作り方は?
    4. 〈疑問④〉100均で売っていた観葉植物の植え替えで注意することは?
    5. 〈疑問⑤〉雨の日に植え替えを行ってもいい?
  7. まとめ:植え替えの正しいやり方を知って、観葉植物を丈夫に育てましょう
  8. 参考文献

観葉植物の植え替えとは?(基本情報)

まずは、観葉植物の植え替えとはどんなものか、植え替えの基本情報をご紹介します。

観葉植物の植え替えとは?

観葉植物のとは、古い土を落として傷んだ根を取り除き、新しい土を使って植えつける作業です。

「鉢のなかで根が育ちすぎた場合」などに行います。

これは、そのままの状態で植物を育てると、根が水をうまく吸えず株が傷んでしまうため。

観葉植物を丈夫に育てるうえで必須の作業ですので、「正しい植え替えのやり方」を知っておきましょう。

なお、植え替えのなかでも、トレーなどで種から育てた苗をポットなどに植え替えることは「鉢上げ」と言います。

◆「コーヒーの木の鉢上げ方法」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【コーヒーの木の増やし方②】挿し木苗の鉢上げ方法・手順を解説

観葉植物の植え替えが必要な理由

観葉植物の植え替えが必要な理由は次のとおりです。

  1. 植物が生長することで、鉢が小さくなるため
  2. 土の養分がなくなるため
  3. 土が粉状になって、水はけや通気性が悪くなるため

各理由についてくわしくは、以下でご紹介します。

理由1:植物が生長することで、鉢が小さくなるため

多くの観葉植物は生育が旺盛おうせいですので、茎や葉がどんどん大きくなっていきます。

茎や葉などの「地上部」が生長するということは、同じだけ「地下部」、つまり根っこも生長しているということ

根が生長すると、だんだん鉢が小さくなり、窮屈きゅうくつな状態になります。

この状態を「根詰ねづまり」といい、水がまともに吸えません

根が生長して「根詰まり」になった状態

そこで植え替えによって、鉢を大きくして、根が生長するスペースを作るのです。

◆「根詰まり」すると、葉先が枯れることも。くわしくは、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物の葉先が枯れるのはなぜ?原因と対策、枯れた葉先の対処法を紹介

理由2:土の養分がなくなるため

土には微量ながら養分が含まれており、水やり時に水分に溶け出して、根から吸収されます。

ですが、長く育てていると、土に含まれる養分もなくなってしまいます。

すると植物がもらえる養分が減って、元気がなくなることに。

植え替え時には、必ず新しい土を使って、植物に養分を与えてあげましょう。

理由3:土が粉状になって、水はけや通気性が悪くなるため

観葉植物の理想的な土は、団粒構造だんりゅうこうぞう」の土です。

「団粒構造」とは下図のように、小さな粒子が適度な大きさで固まった状態

団粒と団粒のあいだには「すき間」があるため、水や空気が通りやすく、「排水性・通気性」が良くなります。

ですが、くり返し水やりをしていると、最初は「団粒構造」であった土も、だんだんくずれて粉状の「単粒構造たんりゅうこうぞう」となってしまいます。

こちらは「すき間」がないため、水も空気も通りにくく、「排水性・通気性」が悪くなります

そこで団粒構造の新しい土を使って、「排水性・通気性」を持たせるようにします。

◆「団粒構造や土について」は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「観葉植物におすすめの土を紹介!「団粒構造」の特徴や理想的な土の条件も解説

観葉植物の植え替え前に知っておきたいこと

次に、観葉植物の植え替え前に知っておきたいことをご紹介します。

植え替えが必要となる3つのタイミング

植え替えが必要となるタイミングは、おもに次の3つです。

  1. 購入時に「底に穴がある鉢」+「ポリポット」に入っているとき
  2. 購入時に葉先が枯れているとき
  3. 生長して植物が大きくなったとき

それぞれのタイミングについて、くわしくご紹介していきます。

【タイミング1】購入時に「底に穴がある鉢」+「ポリポット」に入っているとき

植え替えが必要となるタイミングの1つめは、購入時に「底に穴がある鉢」+「ポリポット」に入っているときです。

ポリポットとは、こちら↓のようなビニール製の安価なポットのこと。

出典:Amazon

なぜ「底に穴がある鉢」+「ポリポット」の組み合わせがダメかというと、ほとんどの場合、こちら↓のように「底の穴の位置」がずれているから。

鉢とポリポット

このまま水やりすると、底から水が排出されにくい状態のため、根腐れ(土の水分が多く、根っこがくされてしまうこと)する可能性が高まります

ですから、「底に穴がある鉢」+「ポリポット」のときは植え替えしてください。

しゅう
しゅう

一方で、「底に穴がない鉢」つまり「鉢カバー」なら、ポリポットを鉢から出して水やりするので、植え替えは必要ありません。ただし、次項を見て、「根が大きくなりすぎていないか」は確認しましょう。

【タイミング2】購入時に葉先が枯れているとき

苗を購入したら、一度ポット・容器鉢などから出して、根が育ちすぎていないかを確認しましょう

小さい苗なら下画像のように、苗をおさえて逆さにして、ゆっくりポットを外します。

ポットを外して、こちら↓のように、土の表面に根があまり見えないなら、植え替えは必要ありません。

植え替えの必要はないです

ですが下画像のように、びっちりの根が見えていれば、植え替えしましょう

植え替えをしたほうが良いです

また、下画像のように、鉢土に「ゼニゴケ」がついた苗も植え替えをおすすめします

このまま育てるとゼニゴケが増えてしまい、株がうまく水や肥料成分を吸収できません。

ゼニゴケがついた苗

【タイミング3】生長して植物が大きくなったとき

【ケース2】成長して植物が大きくなったとき
ひとまわり大きい鉢へ

生長して植物が大きくなったときにも、植え替えを行います。

根が生長して鉢の中でいっぱいになると、水を十分に吸い上げられません。

すると土の中の酸素が不足し、水はけも悪くなるので、植物の元気がなくなってしまいます

たとえば下画像は、根が鉢のなかで育ちすぎた「根詰まり」の状態。

こうなると水が吸いにくいため、枯れてしまう可能性大です。

根鉢

また鉢の土が古くなると、土に含まれる養分のバランスが崩れたり、根詰まりの原因になることも。

小さい鉢なら1年に一度大きい鉢なら2~3年に一度植え替えをすることで、より丈夫な株に育てることができます。

観葉植物の植え替えに最適な時期

観葉植物の植え替えに最適な時期は、”真夏を除く5~9月”です。

5~9月とは、多くの観葉植物がグングン伸びる生長期。

植え替えは、植物にとって”多大なストレスを受ける”作業ですが、生長期であれば根づきも良くなります。

ただし真夏の高温時には、観葉植物も弱りがち。

真夏に植え替えをすると枯れてしまうこともあるので、避けましょう。

◆「植え替えに最適な時期」は、記事「観葉植物の植え替えに最適な時期はいつ?」でくわしくご紹介しています。

観葉植物の植え替えを行う頻度:1~2年に一度

観葉植物の植え替えの頻度は、だいたい1~2年に一度が目安

ですから、観葉植物を購入して2年間以上植え替えていないと、鉢内で根がいっぱいに育っている可能性大。

購入して2年経ったら、植え替えを行ってみましょう。

観葉植物の植え替えやり方とポイントをわかりやすく解説

次に、観葉植物の植え替えのやり方ポイントを、わかりやすく解説します。

観葉植物の植え替えの基本的なやり方

観葉植物の植え替えの基本的なやり方は、次のとおりです。

  1. 「土に水がしみ込まない」などのサインが出たら、植え替えの準備をする(※1)
  2. 「植え替え」に必要な道具をそろえる(※2)
  3. 鉢から根っこ部分を抜く
  4. 根を軽くほぐし、土を軽く落とし、くっついた鉢底石を外す
  5. 根が傷んでいたら(黒くなった根)ハサミで切り取る
  6. 新しい鉢に鉢底ネット・鉢底石・培養土を敷き、株を入れる
  7. 株のまわりに培養土をつめ、割り箸などで軽くつついて、土を入れ込む
  8. たっぷり水やりして、2週間~1ヶ月ほどは半日陰で育てる

※1:植え替えを行うべき観葉植物のサイン

次のような場合は、植え替えを行うべき観葉植物のサインです。

  • 水やりをしても、水が土にしみ込んでいかない
  • 鉢の底にある穴から、根が出ている
  • 株が大きくなりすぎて、倒れてしまう
  • 下側にある葉が黄色くなっている
  • 茎が垂れる
  • 購入してから、2年以上植え替えをしていない

「株」とは、観葉植物自体のことを指します。

※2:「植え替え」に必要な道具

「植え替え」に必要な道具は、次のとおりです。

植え替えに必要なもの
  1. サイズに適した大きさの鉢
  2. 専用の培養土
  3. 鉢底石
  4. 割り箸
  5. スコップ
  6. 鉢底ネット
  7. 芽切りハサミ(園芸ハサミ)

そのほかゴム手袋や軍手、新聞紙などがあると、手や周りを汚さないで済みます。

◆「鉢・鉢カバー、培養土、鉢底石、園芸ハサミのおすすめと選び方」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物のおしゃれな鉢のおすすめを紹介!種類や選び方も解説
・記事「観葉植物のおしゃれな鉢カバーのおすすめを紹介!選び方も紹介
・記事「観葉植物におすすめの土を紹介!「団粒構造」の特徴や選び方も解説
・記事「観葉植物に鉢底石(ゴロ石)はなぜ必要なの?使う量や選び方、代用品も紹介
・記事「ハサミの種類とおすすめ品を紹介!

◆「観葉植物を育てるときにそろえてほしい道具」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【観葉植物】室内で育てるときに必要なもの!

観葉植物の植え替えの大切な5つのポイント

観葉植物の植え替えの大切な5つのポイントは次のとおりです。

  1. 植え替えに適した時期に行う
  2. 新しい土を使う
  3. ひと回り~ふた回り大きな鉢を使う
  4. 根を乾燥させない
  5. 植え替え後の2週間は”適切な管理”を

このポイントを守らないと、植え替え後に植物が弱ってしまうことも。
よく確認して、植え替えを行いましょう。

各ポイントについてくわしくは、以下でご紹介します。

ポイント1:植え替えに適した時期に行う

観葉植物の植え替えは、できるだけ適した時期、具体的には”真夏を除く5~9月”に行いましょう。

5~9月とは、多くの観葉植物がグングン伸びる生長期

植え替えは、植物にとって”多大なストレスを受ける”作業ですが、生長期であれば根づきも良くなります。

ポイント2:新しい土を使う

植え替え時は、新しい土を使います。

一度使った古い土では、土に含まれる養分が失われていることがあります。

また「団粒構造」が崩れて、粒が細かくなるなど、劣化していることも。

そして「庭の土」を使うことも避けましょう。

観葉植物には適さない性質であったり、病気や虫の卵が紛れている可能性が高いです。

市販の専用培養土でよいので、必ず新しい土を用意しましょう。

ポイント3:ひと回り~ふた回り大きな鉢を使う

植え替えをするときは、いま植えている鉢よりも、ひと回り~ふた回り大きな鉢を使います。

それ以上大きな鉢では、土に水分がたまりすぎ、根の張りが悪くなります。

ちなみに、鉢の号数は3センチ刻みで、下表のようなサイズです。

「ひと回りかふた回り」とは、このサイズが1~2号大きいものということになります。

直径容量
3号9cm0.35L
4号12cm0.65L
5号15cm1.4L
6号18cm2.3L
7号21cm3.6L
8号24cm5.3L
9号27cm8L
10号30cm8.7L
11号33cm10L
12号36cm14.5L

ポイント4:根を乾燥させない

根が乾燥すると、根にストレスを与えて傷めてしまいます

すると場合によっては、根が機能を失い、植え替え後に枯れてしまうことも。

植え替え時には次の点に注意して、根の乾燥を防ぎましょう。

  1. 植え替えは、鉢土が乾いた状態ではなく、水やりから2~3日後の”鉢土がやや湿っている”ときに行う
  2. 新しい土が乾燥しているなら、霧吹きをかけて、全体を軽く湿らせる
  3. 作業は日なたでなく日陰で行う
  4. 根鉢をくずした状態のまま放置せず、すぐに植え替えする

ポイント5:植え替え後の2週間は”適切な管理”を

どれだけていねいに作業をしても、植え替え後は植物が弱っています

そのため植え替え後の2週間~1ヶ月ほどは、次の適切な管理を行いましょう。

  1. 日光を好む品種であっても、半日陰に置く
    (根が十分に水を吸えないため、植物が水不足になるため)
  2. あまり風が通らない場所に置く
    (風があたると蒸散がすすみ、植物が水不足になるため)
  3. 水をあげる頻度を少なめにする
    (土を乾燥気味にすると、水分を求めて根がよく育ち、植物が元気になるため)
  4. 肥料は与えない
    (吸い上げられない肥料が土に残り、肥料やけを起こして、根が痛むため)

2週間~1ヶ月ほど経ち、新芽が出たら、植物がしっかり根付いた(新しい土に根っこを張った)証拠

その品種が好む場所に移して、通常どおりの管理を行ってください。

観葉植物の植え替えでの注意点

次に、観葉植物の植え替えでの注意点のご紹介です。

〈注意点①〉マメ科の観葉植物の植え替えでは”根をくずさない”

前項のポイントに注意点として加えたい点が、「マメ科の観葉植物の植え替えでは”根をくずさない”」です。

マメ科の観葉植物とは、エバーフレッシュやソフォラ・リトルベイビーなど。

エバーフレッシュ

これらは、根をくずしてしまうと、植え替え後に根が育ちにくくなってしまいます

植え替えのやり方は、後述する「やり方④ 冬など”適さない時期”に行いたい場合の植え替え」を参考に、根鉢をそのままにして植えるようにしてください。

【観葉植物の植え替え】目的別の6つの方法を紹介

観葉植物の植え替えは「鉢が小さくなったから行う」だけではありません。

大きく6つの目的があり、植え替えの方法も変わります。

ここでは、観葉植物の植え替えの目的別6つの方法をご紹介します。

〈目的別の方法①〉鉢が小さくなったから行う、観葉植物を大きく育てたい場合の植え替え(パキラで実例紹介)

まずは、もっとも一般的な「鉢が小さくなったから行う、観葉植物を大きく育てたい場合の植え替え」をパキラで実例紹介します。

【目的1:大きく育てる】パキラの植え替えの仕方【実例紹介】
新しい鉢とパキラ苗

①-1)鉢から株を抜く

①鉢から株を抜く

まずは作業がしやすいように、前日から水やりは控えます。

そして鉢から株を抜きます。

抜きにくい場合には、鉢のふちを叩きながら抜いてください。

鉢底から根が出ている場合は、ハサミで根を切ります

①-2)古土を落とす

②古土を落とす

手で軽く古土を落として根を少し崩します

このとき、根を傷つけないように注意してください。

古土は完全に落とす必要はありません。

軽く手で触れて、落とせるくらいで大丈夫。

また、傷んでいる根は切り落としましょう。

①-3)新しい鉢に土を敷く

③新しい鉢に土を敷く

ひと回り大きい新しい鉢に、鉢底ネットを敷きます。

そして新しい専用培養土を1/5ほど敷きつめてください。
(5号鉢以上の場合は、鉢底石を敷きます)

①-4)すき間に土を入れ植物を固定する

④すき間に土を入れ株を固定する

底に敷いた土の上に、植物をのせます。

そして、すき間に培養土を入れていきます。

さらに、植物のまわりを割り箸で軽く挿していくことで、しっかり土を行き渡らせます。

培養土は鉢のふちから1~2センチほど下まで入れます。
(これが「ウォータースペース」です)

①-5)水を与え、半日かげで管理する

⑤水を与え、半日かげで管理する

鉢底から水が流れるまで、たっぷり水を与えます。

大きい株で、ぐらつく場合には支柱を立て固定しましょう。

その後、風通しのよい半日かげで管理します。

◆パキラの育て方は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「人気の観葉植物パキラの育て方!

〈目的別の方法②〉観葉植物を大きくせず、同じ大きさで育てたい場合の植え替え

次に、「観葉植物を大きくせず、同じ大きさで育てたい場合の植え替え」です。

新しい鉢ではなく、同じ鉢を再度使うことができ、室内のスペースがせまくて「置き場所がか確保できない」というときにはピッタリです。

②-1)鉢から株を抜く

作業がしやすいように、前日から水やりは控えます。鉢から株を抜きます。

抜きにくい場合には、鉢のふちを叩きながら抜いてください。

②-2)株を切り分ける

よく切れる園芸用のハサミで、株を2~3つに切り分けます。

②-3)下葉や古根を切り取る

切り分けたそれぞれの株の下葉や古根を切り取ります。

②-4)株を植える

古土は捨てて、新しい培養土を1/5入れた鉢に、それぞれの株を植えます。

根と根のすきまに、新しい土を入れ、植物を固定します。

②-5)水を与え、半日かげで管理する

鉢底からたっぷり水が流れるまで、水を与えます。

風通しのよい半日かげで管理します。

〈目的別の方法③〉ポリポットの苗を鉢に移したい場合の植え替え

方法3つめは、「ポリポットの苗を鉢に移したい場合の植え替え」です。

③-1)鉢からポットを取り出す

まずは、鉢からポリポットを取り出します。

「苗を引っ張る」ことは絶対にせず、ポットのフチをつかんで取り出してください

イレシネ・ピンクファイヤーの苗

③-2)ポットから苗を取り出して根をチェックする

次に、ポットから苗を取り出します。

このときも、絶対に苗を引っ張らないこと!

軽く苗をおさえたら、ポットをそ~っと引っ張って外してください。

そ~っとポットを外します

ポットを外したら、根がどのくらい張っているかをチェックします。

もし、鉢土の表面の6割くらいまで根が張っているようなら、前述の方法①で植え替えてください。

以降は鉢土の表面の6割まで根が張っていない場合の「同じサイズの鉢に移す方法」の手順です。

表面の4割くらいですので、同じサイズの鉢でOK
しゅう
しゅう

ポットと同サイズの鉢といっても、ポットよりわずかに大きいので、スキマができます。そこに土を足すので、多少根が張っていても「根のまわりに土がなくなる」ことはありません。

③-3)鉢に鉢底ネット・鉢底石・土を入れる

ポリポットが入っていた鉢に、鉢底ネット・鉢底石を敷きます

なお4号鉢くらいまでは、鉢底石はなくても構いません。

鉢底ネットを敷きます

さらに底に培養土を入れます。

苗の高さと鉢の高さをくらべて、ちょうど良くなるよう高さを合わせます。

培養土を入れます

◆「鉢底石が必要な理由や選び方」は、こちらの記事で解説しています。
・記事「観葉植物に鉢底石(ゴロ石)はなぜ必要なの?使う量や選び方、代用品も紹介

③-4)苗を入れ、まわりに土をつめる

鉢に苗を入れます。

そ~っと苗を入れましょう
しゅう
しゅう

なお、この方法では「根をくずす」必要はありません。そこまで根が張っていない状態で、あえて植物にストレスを与える必要がないからです。

次に、苗のまわりに土を入れていきます。

できるだけ苗を鉢の中心にもってきて、土がまわりに均等に入るようにしましょう。

苗をできるだけ中心にして土を入れます

土を入れた箇所を、割りばしなどで軽くつつきます。

土が底に沈んだら、再度土を足す→割りばしでつつくをくり返します

根を痛めないよう軽くつつきます

③-4)水やりして完成

最後にたっぷりの水で水やりして完成です。

根をくずしていないため、そこまでダメージは無いはずですが、念のため2週間ほどは半日陰で管理しましょう。

〈目的別の方法④〉冬など”適さない時期”に行いたい場合の植え替え

方法の4つめは、「冬など”適さない時期”に行いたい場合の植え替え」です。

「冬に購入した観葉植物が根詰まりしていた」・「育てている植物の根詰まりに、秋以降に気がついた」ときには、次の方法で植え替えてみてください。

  1. 鉢からそっと抜く
  2. 鉢底についた鉢底石をそっと取り除く
  3. ひとまわり大きな鉢を用意し、鉢底石を敷き、新しい培養土を入れる
  4. 根をくずさないように新しい鉢に入れ、根のまわりに新しい培養土を詰める
  5. 通常の植え替えと同じように、水やり→日陰で管理する

「根をくずさずに植え替える方法」ですから、植え替えのダメージは最小限に。

とはいえ、根が巻き付いたままで、植物の生長に最適とはいえないため、あくまで応急処置と考えましょう。

〈目的別の方法⑤〉「生育が悪い」・「株が全体的に柔らかい」場合の植え替え

方法の5つめは、「生育が悪い」・「株が全体的に柔らかい」場合の植え替えです。

「生育が悪い」・「株が全体的に柔らかい」場合は、次のことが起こっている可能性大。

  1. 根腐れしている
  2. 鉢が大きくて、水分が多すぎる

そのため、小さいサイズの鉢に植え替えて、株の元気を取り戻します

手順は次のとおり。

  1. ひとまわり小さい鉢を用意する(根の傷み具合によっては、さらに小さい鉢が必要なケースも)
  2. 古い鉢から株を取り出す
  3. 黒くなったり、ブヨブヨとやわらかくなった根を切り落とす
  4. 株についていた土を、できるだけ落とす
  5. 根を切り落とした割合と同じ割合で、葉も切り落とす
    (根を全体の1/4ほど切り落としたなら、葉も全体の1/4切り落とす)
  6. 新しい鉢に、通常とおり植え替える
しゅう
しゅう

根腐れするには「水やりの回数が多かった」・「肥料を与えすぎた」・「低温にさらした」などの理由が。改善しないとまた根腐れをくり返すので、「何が原因か?」を確認してみましょう。

〈目的別の方法⑥〉ハイドロカルチャー(水耕栽培)で育てたい場合の植え替え

方法の6つめは、「ハイドロカルチャー(水耕栽培)で育てたい場合の植え替え」です。

ハイドロカルチャーとは、土のかわりにハイドロコーンといった「発泡煉石はっぽうれんせき」などを使って植物を植え、器に少量の水をためて植物を栽培する方法

管理がカンタンで、土を使わないためキッチンなどにも置きやすく人気です。

ハイドロカルチャーの植え替え

ハイドロカルチャーの植え替え

ハイドロカルチャーの観葉植物も生長しますので、一年に一回は植え替えましょう。

4月下旬から7月が最適ですが、株の具合が悪いなど緊急を要する場合は、真冬以外ならいつでもできます。
その手順は次の通りです。

  1. 根を傷めないように、ていねいに器から株を抜き出す
  2. 根をほぐして、発泡煉石を落とす
  3. 長く伸びすぎた根は短く切り、黒くなった古根は取り除く
  4. 根を整理した分、葉の数も整理する。傷んだ茎や葉も切る
  5. 器と発泡煉石をよく水洗いする
  6. イオン交換樹脂栄養剤を器の底に薄く敷きつめる
  7. 発泡煉石の大粒を、器の1/5ほど敷きつめる
  8. 発泡煉石の中粒を、器の半分まで入れる
  9. 根を広げるようにして植物をおき、中粒で植えつける
  10. 根の間にも発泡煉石が行き渡るように、割り箸でついてすき間をうめる
  11. 器の深さの1/5まで水を入れて完成!

1週間ほどは、葉にスプレーして水分を補給します。
また、水の汚れを防ぐ珪酸塩白土は、半年ごとに補充しましょう。

土植えの観葉植物をハイドロカルチャーに植え替える

土植えの観葉植物を、ハイドロカルチャーに植え替えることもできます。

ここで失敗しないための植え替えのコツは、次の2点。

  • 土を落として、キレイに洗い流す
  • 根を痛めないよう、ていねいにあつかう

植え替えを行う時期は、やはり5~9月ごろです。

土植えの観葉植物を、ハイドロカルチャーに植え替える手順は次のとおり。

  1. 土植えの株から鉢をはずす
  2. 割り箸でほぐすように土を落とし、長すぎる根は切る
  3. 根を水に入れて土を落とす。何度か水を替えて、土をキレイに洗い流す
  4. イオン交換樹脂栄養剤を器の底に薄く敷きつめる
  5. 発泡煉石の大粒を、器の1/5ほど敷きつめる
  6. 発泡煉石の中粒を、器の半分まで入れる
  7. 根を広げるようにして植物をおき、中粒で植えつける
  8. 根の間にも発泡煉石が行き渡るように、割り箸でついてすき間をうめる
  9. 器の深さの1/5まで水を入れて完成!

1週間ほどは、葉にスプレーして水分を補給します。

あとは直射日光のあたらない、明るい室内において育てます。

1ヶ月ほどで新しい根がのびそろって、順調に育ちますよ。

◆「ハイドロカルチャーのおすすめ品種や育て方」・「植え替え手順」についてくわしくは、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【ハイドロカルチャーの観葉植物】おすすめ品種や育て方を解説
・記事「【ハイドロカルチャーの観葉植物】植え替え方法を解説!
・記事「【ハイドロカルチャーの観葉植物】おすすめの肥料はこちら!

「観葉植物の植え替えのやり方」についての疑問にお答えします

記事の最後に、「観葉植物の植え替えのやり方」についての疑問にお答えします。

〈疑問①〉観葉植物の植え替えに失敗する理由は?

観葉植物の植え替えに失敗、つまり枯れたり元気がなくなったりする理由は、ほとんどの場合、前述の「大切なポイント」を守らなかったためです。

このポイントを守らないと、次のようなことが起こってしまいます。

  1. 植え替えに適した時期に行わない
    →しっかり根付かないため、最悪の場合枯れることも
  2. 新しい土を使わない
    →土に養分がなく、粉状で排水性・通気性が悪いため、育ちが悪くなる
  3. ひと回りかふた回り大きな鉢を使わない
    →大きすぎる鉢を使うと、鉢内の水分が多すぎるため、根腐れして枯れることも
  4. 作業を日かげで行わず、根を乾燥させてしまう
    →根が痛むため、生長が遅かったり、最悪の場合枯れることも
  5. 植え替え後の1ヶ月ほどは適切な管理を行わない
    →いきなり”日なたに置く”などすると、水の吸い上げが間に合わず、枯れてしまう

しっかりポイントを守って、丈夫な観葉植物を育てましょう。

〈疑問②〉植え替えをしないと観葉植物はどうなる?

植え替えをしないと、観葉植物は次のようにだんだん不健康になっていきます

  • 葉先が枯れる
      ↓
  • 下葉(株の根元側に生えている葉っぱ)が枯れてくる
      ↓
  • 全体的に色つきが悪くなる
      ↓
  • 新葉がまともに展開できず、全体的に小さくなる

水やりをしていれば、完全に枯れてしまうことはそうありません。

ですが、葉が茶色くなり、とても「葉を見て楽しむ」ことなどできない姿になることも。

せめて購入して2年経ったら、植え替えを行いましょう。

〈疑問③〉植え替えに適した土の作り方は?

植え替えに適した土は、次のような配合で作ることができます。

  • 一般的な観葉植物:赤玉土小粒6割、腐葉土3割、堆肥1割
  • 乾燥を嫌う観葉植物:赤玉土小粒7割、腐葉土2割、堆肥1割
  • 多肉植物:赤玉土小粒6割、腐葉土3割、堆肥1割

ただし初心者の場合、土を作って、植え替えまでするのは大変です。

そこで市販の専用培養土を使いましょう。

あらかじめ堆肥も配合されていますので、そのまま植え替えに使用できます。

〈疑問④〉100均で売っていた観葉植物の植え替えで注意することは?

ダイソーなど100均の観葉植物でも、植え替えで注意することは同じです。

プラスチックの、サイズ小さめポットに植えられていますので、まずはちょうどいいサイズの鉢に植え替えましょう。

またずっと店内にいたので、少しずつ太陽の光に慣れさせることも大切。

いきなり直射日光にあてると、葉が焼けてしまうこともあります。

直射日光を好む品種でも、半日かげから徐々に慣らしていきましょう。

〈疑問⑤〉雨の日に植え替えを行ってもいい?

雨の日に植え替えを行っても、問題はありません

ネット上で見たところ「活着が悪くなる」などの意見があるようですが、そこまで気にする必要はありません。

植え替え時に天気で気にすることは、「日なたで作業を行わない」くらいです。

晴れた日なら、日かげで作業を行いましょう。

ちなみに私が以前働いていた育苗会社でも、種まきから育苗などのさまざまな作業を行っていましたが、「雨が降ったから作業をしない」という作業はありませんでした。

せめて水やりの量が減るくらいです。

植え替えは、最適な時期に行えば、天気は気にしなくてOKです。


◆観葉植物の育て方全般でわからないことがあるときは、こちらの記事をご覧ください。
・記事「【観葉植物Q&A】育て方全般の疑問・わからないコトにお答えします

まとめ:植え替えの正しいやり方を知って、観葉植物を丈夫に育てましょう

この記事では、観葉植物の植え替えのやり方とポイント、目的別の6つの方法などをわかりやすくご紹介してきました。

正しく植え替えれば、あなたの植物はより元気に大きくなります。

ぜひ今回の記事を参考に、植え替えの正しいやり方を知って、観葉植物を丈夫に育てましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ほしい植物が見つかったら、通販サイトで探してみましょう。

送料はかかりますが、お店では見られないほど ”たくさんの種類・サイズ” から選ぶことができますよ。

僕がよく利用する、おすすめの通販サイトはこちら↓です。
 1.たくさんの種類から選びたい方 → HitoHana(観葉植物の品ぞろえが国内最大級の通販サイトです)
 2.自分にピッタリな植物を知りたい方 → AND PLANTS (”パーソナル植物診断”で、最適な植物を教えてくれます)
 3.フェイクグリーンがほしい方 → プリマオンライン (本物ソックリ・高品質な造花を販売するサイトです)

「↑各通販サイトのくわしい情報や、他のおすすめサイトを知りたい!」ときは、記事「観葉植物のおすすめ通販サイト」・「フェイクグリーンのおすすめ通販サイト」をどうぞ!

毎日の作業風景”をご紹介しているAmebaブログ↓も、ぜひご覧ください。

◆「観葉植物の情報全般」は、記事「観葉植物まとめ」にまとめています。

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 上田 善弘・著『園芸「コツ」の科学』講談社
  • 書籍 小笠原 亮・監修『覚えたい 観葉植物のテクニック』NHK出版
タイトルとURLをコピーしました