~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

【ガーデニング・観葉植物・園芸向け】ハサミの種類とおすすめ品を紹介!選び方やお手入れ方法も

【ガーデニング・観葉植物・園芸向け】ハサミの種類とおすすめ品を紹介!選び方やお手入れ方法も 道具

ガーデニング・観葉植物・園芸には欠かせない道具であるハサミ
じつは、品質のよくないものや、用途にあわないハサミを使うと、植物が傷んでしまうことはご存知ですか?

そこでこの記事では、ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの種類とおすすめ品や選び方、お手入れ方法までご紹介していきます。

「まだ初心者で、ハサミのことをちゃんと知りたい」というときは、ぜひご覧ください。

◆植物には「幸福度・生産性が高まる、空気を清浄化する」などのメリットも。くわしくはこちらの記事でご紹介しています。
・記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?

ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの種類とおすすめ品

ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの種類とおすすめ品

まずは、ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの種類とおすすめ品をご紹介します。

〈最初の1本はまずこれを!〉園芸バサミ(クラフトバサミ)の特徴とおすすめ品

園芸向けハサミの種類:クラフトバサミ
出典:Amazon

ガーデニング・観葉植物・園芸をこれからはじめるとき、最初のハサミとして準備してほしいのが園芸バサミ(クラフトバサミ)です。

「室内で観葉植物しか育てていない」という方なら、この1本だけでもOKというほど万能。

草花の切り戻しや摘芯にはもちろん、直径5mmほどの枝を切ることもできます。
さらにヒモやワイヤー、ビニールシートまで切ることが可能。

軽くて丈夫でさびにくいタイプが多いため、ひとつ持っておけば、さまざまなシーンで長く使えます

園芸バサミ(クラフトバサミ)のおすすめ品

園芸バサミ(クラフトバサミ)のおすすめ品は、僕も愛用しているクラフトチョキです。
使いやすく、丈夫で、何より安い!

植物を育て始めた人は、まずクラフトチョキを購入しましょう。
だいたいの作業は、これ1本でこなせてしまいます。

植木バサミ(木バサミ)の特徴とおすすめ品

園芸向けハサミの種類:【植木バサミ(木バサミ)】草花の茎や細い枝に
出典:Amazon

草花の茎や、細い枝を切るための道具が植木バサミです。
「木バサミ」ともよばれます。

庭木や草花から盆栽まで、幅広く使えることが特徴。
「刃が自然に開くためのバネ」がないタイプが基本です。

素材はいくつかありますが、研げる鋼製か、さびにくいステンレス製がおすすめです。

植木バサミ(木バサミ)のおすすめ品

植木バサミ(木バサミ)のおすすめ品は、「花酔 刃長大久保鋏」です。
刃物の産地である新潟県三条市で、専門鍛冶によって製造されました。

切り口がなめらかなので、樹木を痛めません
日立安来鋼の刃部は、ねばり強く、耐久性にも優れます

剪定だけでなく、縄切りなどの作業にも使用可能です。

剪定バサミの特徴とおすすめ品

園芸向けハサミの種類:【剪定バサミ】太め~細めの枝切に
出典:Amazon

剪定とは、「将来の樹の形を考えて、いらない枝を切っていく作業」のことをいいます。
その剪定作業にぴったりなのが剪定バサミです。

バラや庭木がある方は持っておきたい道具。
構造により、次の3つの種類があります。

  • バイパスタイプ:半月型の切り刃と三日月型の受け刃が交差して枝を切る
  • アンビルタイプ:切り刃と受け刃が、包丁とまな板のような役割となり、枝を押し切る
  • ラチェットタイプ:テコの原理を応用したギア(ラチェット)で、ハンドルを数回動かして切る

細かい剪定が多い場合はバイパスタイプを、やや太い枝も切る場合にはアンビルタイプを選びましょう。

剪定バサミのおすすめ品

剪定バサミのおすすめ品は、NHK出版の雑誌『趣味の園芸』でも紹介された「楽な剪定バサミ」です。
腱鞘炎けんしょうえんで悩む果樹農家のために生まれました。

楽によく切れるので、植物にも負担がかかりません。
替刃式ですので、切れ味の良さはずっと維持できます。

高枝切りバサミの特徴とおすすめ品

高い場所の枝を切る、果実を収穫するための高枝切りバサミ
テレビの通販番組でお馴染みですね。

大きく分けると、次の2種類があります。

①高枝採取バサミ

①高枝採取バサミ
出典:Amazon
  • ハンドルをにぎることで、先についた小型の剪定バサミが枝を切る
  • 切り取った枝をはさむ機能をもっていることが多い
  • 現在ホームセンターなどで売られているものは、このタイプが多い

②ロープ式の高枝切りバサミ

②ロープ式の高枝切りバサミ
出典:Amazon
  • こちらが本来の高枝切りバサミ
  • 枝の上から、逆U字の受け刃をかけ、ロープを引いて押し上げて切断する
  • 高枝採取バサミよりも太い枝を切ることができる

太枝切り鋏の特徴とおすすめ品

園芸向けハサミの種類:太枝切り鋏
出典:Amazon

剪定バサミの刃の部分を大きく頑丈にして、長い柄をつけたものが太枝切りバサミです。
高いところの太い枝を切ることに適しています。

太枝切りバサミ
出典:Amazon

長い柄によるテコの原理で、直径30mmの枝も気持ちよく切断可能。
剪定ノコギリよりも、ラクに切ることができます

太枝切りバサミにも次のような種類があります。

  1. バイパスタイプ:2枚の刃が交差するタイプ
  2. アンビルタイプ:片刃で切るタイプ。構造上、丈夫です
  3. ラチェットタイプ:アンビルタイプにラチェット機構をつけたタイプ。力があまりなくても太い枝が切りやすい

太枝切りバサミのおすすめ品

太枝切りバサミのおすすめ品は、ラチェットタイプの太枝切り鋏である「フィスカース PowerGear」。
一般的な太枝切り鋏の1/3ほどの力で、枝を切断できます

グラスファイバー強化ポリプロピレン製のグリップで、とても軽くて握りやすいのも特徴。
切れ味と使いやすさを兼ね備えています。

刈込バサミの特徴とおすすめ品

園芸向けハサミの種類:刈込バサミ
出典:Amazon

植木や生け垣を刈り込むことを目的とし、薄い刃をもつのが刈込鋏です。
花壇のヘッジ(緑)やトピアロリーの刈り込みにも使えます。

ただし、刃先が薄いため、太い枝を切ると刃こぼれしてしまうので注意が必要。

園芸向けハサミの種類:刈込バサミ
出典:Amazon

芝刈りには、芝刈り用の刈り込みバサミもあります。
刃の角度が変えられるタイプもあるため、必要に応じて探してみましょう。

刈込バサミのおすすめ品

刈込バサミのおすすめ品は、「アルスコーポレーション 替刃式軽量刈込鋏」。
アルミダイカストをグリップに使ったことで、軽量となった刈込鋏です。

ハードクローム仕上げで、さびにくく摩耗に強い刃を使用。
さらに替刃式ですので、リーズナブルに切れ味を保つことができます。

◆「植物や道具を通販サイトで探したい」ときは、こちらの記事でおすすめサイトをご紹介しています。
・記事「観葉植物のおすすめ人気通販サイトをご紹介!
・記事「園芸のおすすめ人気通販サイトまとめ!

ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの選び方

ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの選び方

次に、ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの選び方を2つご紹介します。

[園芸用ハサミの選び方①]切るものの種類にあわせて選ぶ

まずは「何を切るか」で選びます

用途ごとに適したハサミはちがうもの。
用途にあっていないハサミで作業すると、まともに切れず植物を傷めたり、道具を傷めたりします。

最初にクラフトバサミを購入し、その後は用途に合わせたハサミをそろえていくようにしましょう。

  • 枝を切る:剪定バサミ、太枝切りバサミ
  • 草花を切る:クラフトバサミ、園芸バサミ、植木バサミ
  • ヒモを切る:クラフトバサミ、園芸バサミ
  • 盆栽の手入れをする:クラフトバサミ、園芸バサミ、植木バサミ
  • 生け垣をキレイにする:刈り込みバサミ
  • バラ栽培をする:剪定バサミ
  • 高い場所の枝を切る:高枝切りバサミ

[園芸用ハサミの選び方②]切る枝の太さにあわせて選ぶ

枝を切ることが多いなら、切る枝の太さによってハサミを選びます。

無理して太い枝を切ろうとすると、木とハサミの両方が傷んでしまいますので、ピッタリのものを選びましょう。

  • ~直径3mm:刈り込みバサミ
  • ~直径5mm:クラフトバサミ、園芸バサミ、高枝採取バサミ
  • ~直径8mm:木バサミ
  • ~直径15mm:ロープ式の高枝切りバサミ
  • ~直径20mm:剪定バサミ
  • ~直径30mm:太枝切りバサミ

ただし、こちらはあくまで目安です。

各ハサミのなかでも、種類によって切れる太さがちがうこともあります。
購入時に、製品の説明書きなどでよく確認してください。

100均の園芸バサミは使える?

100均の園芸バサミは、当たりハズレの幅が大きいようです。

僕が以前購入したものは、細い枝を何度か切ったところでカシメが緩んでしまいました。
でも知り合いは、ダイソーの園芸用ハサミを何年も使っているそうです。

切れ味が悪いハサミで切られると、植物が傷んでしまいます。

この記事でご紹介しているクラフトバサミなどは、丈夫でさびにくいものばかり。
2,000円ほどでいいものが買えますので、そちらをひとつ持っておくことをおすすめします。

ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミのお手入れ方法

ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミのお手入れ方法

記事の最後に、ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミのお手入れ方法をご紹介します。

ハサミは汚れを落としてシリコンスプレーを吹きかけて保管

ハサミの使用後は、乾いた布で汚れや脂を落とします

その後、シリコンスプレーを刃の部分に吹きかけて、水気のない場所で保管しましょう。

【ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの種類3】ハサミの手入れ方法
出典:Amazon

また多くのハサミの刃は表面処理のため、本格的に研ぐことはできません。
ただし、シャープナーをつかって、刃先をやや鋭利に戻すことはできます。

全体が鋼でできている植木バサミなどは、製造元か専門の研ぎ師にお願いしましょう。

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの「園芸用ハサミ」人気ランキング

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの「園芸用はさみ」人気ランキングは、こちらからご覧いただけます。
「どの園芸用はさみがいいか」を選ぶときの参考にどうぞ。

Amazon:園芸用はさみ の 売れ筋ランキング
楽天市場:園芸用はさみランキング
Yahoo!ショッピング:「剪定ばさみ」のランキング

まとめ:おすすめのハサミで快適なガーデニングを

この記事では、ガーデニング・観葉植物・園芸向けハサミの種類とおすすめ品や選び方、お手入れ方法までご紹介してきました。

いいハサミを選べば、作業がずいぶんラクになります。
ぜひおすすめのハサミを使って、快適なガーデニングに役立ててください。

◆「インテリア向けのおすすめ品種と、観葉植物の育て方全般」は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「インテリア向けのおすすめ観葉植物を紹介!

◆おすすめの観葉植物を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。
・記事「育てやすい観葉植物ランキング!
・記事「【室内で育てる観葉植物の種類・品種】株の大きさ・葉っぱのサイズごとに特徴をご紹介!

タイトルとURLをコピーしました