~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

観葉植物の室内での育て方のポイント〈置き場所・水やり・土選び・肥料〉を解説!育てやすいおすすめ品種も

観葉植物の室内での育て方のポイント〈置き場所・水やり・土選び・肥料〉を解説!育てやすいおすすめ品種も 育て方
出典:Amazon

観葉植物を育てたいけど、情報が多すぎて、何に気をつければいいのかわからない…

このように困っている方はいませんか?

そこでこの記事では、観葉植物を室内で育てるときに大切なポイント4つ(置き場所・水やり・土選び・肥料)を、わかりやすくご説明します。

「観葉植物を育てるうえでの、要点をカンタンに知りたい」という方は、ぜひご覧ください。

「育て方を知って観葉植物を育ててみたいな」というときは、記事の後半で”観葉植物のおすすめ通販サイト”をご紹介していますので、よければそちらで探してみてください。

  1. 【観葉植物の室内での育て方】ポイント1:置き場所(光・温度・湿度)
    1. [観葉植物の置き場所①]植物に適した光があたる場所に置く
    2. [観葉植物の置き場所②]冬の温度・湿度に気をつける
  2. 【観葉植物の室内での育て方】ポイント2:水やり
    1. [観葉植物の水やり①]水やりの大原則
    2. [観葉植物の水やり②]季節ごとの水やりのポイント
    3. [観葉植物の水やり③]霧吹きで効果的に湿度を与える
  3. 【観葉植物の室内での育て方】ポイント3:土選び
    1. [観葉植物の土選び①]初心者には市販の培養土がオススメ
    2. [観葉植物の土選び②]ハイドロカルチャーとは?
  4. 【観葉植物の室内での育て方】ポイント4:肥料
    1. [観葉植物の肥料①]肥料の三大要素
    2. [観葉植物の肥料②]固形(緩効性)肥料と液体(速効性)肥料
  5. 室内で育てやすいおすすめの観葉植物7選!
    1. [おすすめの観葉植物1]ポトス(小型~大型)
    2. [おすすめの観葉植物2]アイビー・ヘデラ(小型)
    3. [おすすめの観葉植物3]コーヒーの木・コーヒーノキ(小型~中型)
    4. [おすすめの観葉植物4]アンスリウム(小型~中型)
    5. [おすすめの観葉植物5]グズマニア(小型)
    6. [おすすめの観葉植物6]幸福の木・コウフクノキ(小型~大型)
    7. [おすすめの観葉植物7]パキラ(小型~大型)
  6. 観葉植物と造花(フェイクグリーン)のおすすめ通販サイトをご紹介
    1. 観葉植物のおすすめ通販サイト
    2. 造花(フェイクグリーン)のおすすめ通販サイト
  7. まとめ:育て方のポイントをつかんで、観葉植物を室内でも元気に

【観葉植物の室内での育て方】ポイント1:置き場所(光・温度・湿度)

観葉植物を育てるうえで大切なこと、まずは「置き場所」です。
「光・温度・湿度」というポイントから、最適な置き場所を見てみましょう。

[観葉植物の置き場所①]植物に適した光があたる場所に置く

[観葉植物の置き場所①]植物に適した光があたる場所に置く
出典:Amazon

多くの観葉植物は直射日光を浴びなくても育ちますが、まったく光があたらなければ育つことはできません。
品種によって好む光の量がちがいますので、最適な場所におくことが大切です。

たとえば、アジアンタムなど熱帯多雨林に生いしげった大樹のかげに自生する植物は、やわらかい木漏れ日を浴びて成長します。
このような場所を「半日陰」と呼び、室内ではレースのカーテン越しに太陽光があたる窓辺に相当します。

またヤシのように高くのびて太陽光線をいっぱいに浴びて育つ品種では、室内でもガラス越しの直射日光があたる環境を好みます。

[観葉植物の置き場所②]冬の温度・湿度に気をつける

置き場所で、光のほかに気をつけたいのが温度湿度。
多くの観葉植物が室温10〜30℃湿度40〜50%前後の場所でよく育ちます。 そのため冬の寒さは禁物です。

冬は暖房器具加湿器を利用して、管理しましょう。
現在では建物の気密性が高まっていますので、冬は暖房をつけているリビングに置けば、特に高温を好む品種以外は問題はありません。

ただし夜間はかなり温度が下がります。
特にガラス窓の近くは温度が下がるため、厚いカーテンを閉め、窓からは離しておきましょう。

また、エアコンや暖房の風が直接あたる場所に植物を置くことも厳禁です。

【観葉植物の室内での育て方】ポイント2:水やり

【観葉植物の室内での育て方】ポイント2:水やり
出典:Amazon

[観葉植物の水やり①]水やりの大原則

観葉植物の水やりの大原則がこちら。

  1. 土の表面が乾いたら
  2. 鉢の土全体に水が行き渡るようにまんべんなく、
  3. 鉢底から水が流れ出るほどたっぷりと与える

これはアジアンタムのような多湿を好む植物でも、乾燥を好む多肉植物でも変わりません。

よく「『冬は控えめに』とあったから、表面にさっと水やりしていた」という方がいますが、これはまちがい!
「控えめ」とは水やりの回数(頻度)のことで、水やりで与える水の量はいつでも、どんな植物でも変わりません。

[観葉植物の水やり②]季節ごとの水やりのポイント

同じ品種でも、季節によって水やりの頻度はかわります。
品種の特性(多湿を好む、乾燥を好むなど)とあわせて確認して、最適な水やりをしてあげましょう。

観葉植物の春の水やり

春は気温が上がって、植物は成長をはじめます。
鉢土の表面が乾いていれば、水やりしましょう。

観葉植物の夏の水やり

夏は気温が高いことと、植物の成長が旺盛になることで、鉢土はどんどん乾きます。
できれば朝と夜に確認して、表面が乾いていれば水やりが必要です。

観葉植物の秋の水やり

秋になって気温が低下するとともに、植物の成長もゆるやかになります。
春・夏に比べ水やりの頻度は下がりますので、表面が乾いたかをしっかりチェックして水やりしましょう。

観葉植物の冬の水やり

冬は植物が休眠期間に入るため、乾かし気味にします。
(つまり「水やりの回数が少なくてよい」ということです)
ただし暖かい部屋の中で成長している植物には、しっかり水やりをしましょう。

◆観葉植物の水やりについては、こちらの記事でもくわしくご説明しています。

[観葉植物の水やり③]霧吹きで効果的に湿度を与える

[観葉植物の水やり③]霧吹きで効果的に湿度を与える

梅雨〜夏にかけては高温多湿になりますが、それ以外の季節は乾燥します。
部屋の中ではだいぶ乾燥していることもありますので、霧吹きを使って効果的に湿度を与えましょう。

ただし、霧吹きするのは日中だけにして、気温が下がる夕方には水分が乾くよう心がけましょう。

【観葉植物の室内での育て方】ポイント3:土選び

【観葉植物の室内での育て方】ポイント3:土選び
出典:Amazon

[観葉植物の土選び①]初心者には市販の培養土がオススメ

植物は土に根をはり、土から水や養分を吸収します。
鉢に植えられた植物は限られた量の土で生きていかなければならないため、土選び・土作りはとても大切。

はじめて観葉植物を育てるときには、市販の専門用土をつかうと便利です。
観葉植物用にブレンドされた用土なら、手軽にそのまま使用することができます。

ここで注意ですが、庭がある場合でも、庭の土をそのまま観葉植物に使うのはやめましょう。
その品種に適さない性質であることが多く、病害虫が潜んでいる可能性もあります。

◆観葉植物の土選びは、こちらの記事でくわしくご説明しています。

[観葉植物の土選び②]ハイドロカルチャーとは?

[観葉植物の土選び②]ハイドロカルチャーとは?

ハイドロカルチャーとは、土の代わりに発泡煉石(はっぽうれんせき)に植物を植えて、器の底に少量の水をためて栽培する方法です。
土を使わず衛生的で、鉢底穴がない器を使うために、壁面や飾り棚、キッチンなどに置くことができます。

ただし、1年ほどはこの状態で育てることができますが、植物にとっては最適という環境ではありません。
家庭では、その植物に必要な栄養分や空気の量を把握して補給するのが難しいためです。
より長く育てたい場合には、それぞれの植物に適した用土で、適した大きさの鉢に植え替えることが必要となります。

【観葉植物の室内での育て方】ポイント4:肥料

【観葉植物の室内での育て方】ポイント4:肥料

植物のなかでは、観葉植物はそれほど肥料が必要ないグループにはいり、土にふくまれる有機物だけで育つことができます。
しかし、より美しくしっかりした株にするためには、肥料を与えましょう。
必要な時期に、適量の肥料を与えることが、植物を元気に育てるコツです。

◆肥料をさらにくわしく知りたい方には、こちらの記事がおすすめです。

[観葉植物の肥料①]肥料の三大要素

植物の成長に必要な成分として、肥料に含まれている要素その効果は次のとおり。

  • 窒素(N):葉を茂らせる
  • リン酸(P):花を咲かせる
  • カリウム(K):根の発育を促進する
[観葉植物の肥料①]肥料の三大要素

市販の肥料の袋には「7-4-4」や「0-6-4」といった数字が記載されていますが、これは「N-P-K」成分量の割合を示しています。
観葉植物は葉をしげらせたいため、Nが多い肥料を使用することが多いです。

[観葉植物の肥料②]固形(緩効性)肥料と液体(速効性)肥料

肥料には次の2つの種類があります。それぞれの特性を理解して、適正に使用しましょう。

観葉植物の肥料の種類1:固形(緩効性)肥料

観葉植物の肥料の種類1:固形(緩効性)肥料

一度植物にあたえると、1ヶ月など長い期間、ゆるやかに効き続ける肥料です。
固形と粒状があり、鉢土のうえにおいたり、土に混ぜたりして使います。

観葉植物の肥料の種類2:液体(速効性)肥料

観葉植物の肥料の種類2:液体(速効性)肥料

緩効性肥料よりも、効き目がすぐにでる肥料です。
水にうすめて使うタイプと、そのまま使うタイプがあります。

室内で育てやすいおすすめの観葉植物7選!

ここでは、室内で育てやすいおすすめの観葉植物7選をご紹介していきます。
ちなみに、名前のとなりに記載された(小型~大型)などの表記は、その植物の「平均的な大きさ」です。

[おすすめの観葉植物1]ポトス(小型~大型)

[おすすめの観葉植物1]ポトス(小型~大型)
ゴールデンポトス (出典:Amazon
  • 置き場所:日なた~半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:挿し木

僕が全植物の中で「最も育てやすい」と思うのが、この「ポトス」です。
ツヤがある明るい葉と、育てやすさで「観葉植物ブームの火付け役」となった植物。

緑の葉に黄色の(模様のこと)が入った「ゴールデンポトス」が基本品種です。
ポトスのなかでも、これが一番育てやすい品種。

ほかにライムグリーンの葉を持つ「ポトス’ライム’」や、白い斑が入る「ポトス’マーブルクイーン’」などがありますが、耐寒力や生長力がやや劣るので、管理がすこし難しくなります。

ポトス’ライム
ポトス’ライム’ (出典:Amazon
ポトス’マーブルクイーン’ 
ポトス’マーブルクイーン’ (出典:Amazon

ツル性の植物で、茎がどんどん伸びていくので、吊り鉢で垂らしたり、ヘゴ棒などにつけてタワー仕立てにすることもできます。

ツル性の植物で、茎がどんどん伸びていくので、吊り鉢で垂らしたり、ヘゴ棒などにつけてタワー仕立てにすることもできます。
出典:Amazon

切ったツルを水につけておくだけでも増やせる(「水挿し」といいます)ので、のびたツルを切って水挿しで増やすのも楽しいですよ。

通販サイト「HitoHana」でポトスを見る
通販サイト「ブルーミングスケープ」でポトスを見る

[おすすめの観葉植物2]アイビー・ヘデラ(小型)

  • 置き場所:日なた~半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:挿し木、つる伏せ
[おすすめの観葉植物2]アイビー・ヘデラ(小型)
出典:Amazon

アイビー」の名で古くから親しまれますが、最近は「ヘデラ」と呼ぶことも。
ほかに「セイヨウキヅタ」とも呼ばれ、葉の大きさ・色・形など違うさまざまな品種が販売されています。
下写真は、ハート型の葉が人気の「ヘデラ・サーク」です。

ヘデラ・サーク
出典:Amazon

つるを長くのばすモノが多く、単植でも、寄せ植えでも活躍します。
乾燥しすぎなければ、日なたから半日かげまで、置き場所を選びません。

また空気清浄能力が高く、ホルムアルデヒドを除去すると言われています。

通販サイト「ブルーミングスケープ」でアイビーを見る

[おすすめの観葉植物3]コーヒーの木・コーヒーノキ(小型~中型)

[おすすめの観葉植物3]コーヒーの木・コーヒーノキ(小型~中型)
出典:Amazon
  • 置き場所:日なた~半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:実生、挿し木

光沢のあるグリーンの葉が人気の、「コーヒーの木(コーヒーノキ)」。
大きくなると、香りのいい白い花を咲かせ、緑色の果実をつけます。
果実が熟すと赤色になり、そのなかにある種がコーヒー豆です。

開花結実している大きい苗も販売しているので、こちらならすぐにコーヒー豆を採取できます。

開花結実している大きい苗も販売しているので、こちらならすぐにコーヒー豆を採取できます。
出典:Amazon

でもコーヒーの木も、ホントに育てやすいので、小さい苗から育てるのがおすすめ。
極端に暑い・寒い場所を避け、水やりのコツを覚えれば、どんどん生長して数年でコーヒー豆がとれるようになります。

ただし、コーヒーを淹れほどの量の果実をつけるのは難しいので、その種を植えて(これが「実生みしょう」です)、コーヒーの木を増やすのも楽しいですね。

通販サイト「HitoHana」でコーヒーの木を見る
通販サイト「ブルーミングスケープ」でコーヒーの木を見る

[おすすめの観葉植物4]アンスリウム(小型~中型)

[おすすめの観葉植物4]アンスリウム(小型~中型)
出典:Amazon
  • 置き場所:半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:挿し木、株分け

明るい窓辺に置いておくと、次々と咲く花を楽しむことができるのが「アンスリウム」。
白や赤の花が一般的ですが、ピンクやオレンジなどの色の品種もあり、また形もさまざまです。

ちなみに、花びらのように見えるのは、正確には「仏炎苞ぶつえんほう」といい、葉が変形したモノ
仏炎苞のまん中にある棒が花にあたり、「肉穂花序にくすいかじょ」と呼びます。

[おすすめの観葉植物4]アンスリウム(小型~中型)
出典:Amazon

大きくなっても、鮮やかな花の色で、さわやかな雰囲気を醸しだしてくれます。

高温多湿を好むため、年間を通じて葉水を与えてほしいのですが、根は過湿を嫌います。
水やりのしすぎには気をつけましょう。

通販サイト「HitoHana」でアンスリウムを見る
通販サイト「ブルーミングスケープ」でアンスリウムを見る

[おすすめの観葉植物5]グズマニア(小型)

[おすすめの観葉植物5]グズマニア(小型)
出典:Amazon
  • 置き場所:日なた~半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:子株分け

3ヶ月間ほど、色鮮やかな姿を楽しめることができる「グズマニア」。
葉の形でおわかりかもしれませんが、パイナップルの仲間です。

色づく部分は、花のようなほう(葉が変形したもの)ということで「花苞かほう」と呼ばれます。

[おすすめの観葉植物5]グズマニア(小型)
出典:Amazon

またパイナップル科は、着生植物で根の働きがよくありません
苗全体がぐらついて、倒れそうになってしまいます。

そのため秋までは、土への水やりのほかに「筒状になった株元に水をためる」という水やりをしましょう。

[おすすめの観葉植物6]幸福の木・コウフクノキ(小型~大型)

[おすすめの観葉植物6]幸福の木・コウフクノキ(小型~大型)
出典:Amazon
  • 置き場所:半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:挿し木、取り木

お店の開店祝いや、新築祝いなど贈り物でよく見るのが「幸福の木・コウフクノキ」。
60種ほどあるドラセナ属の仲間で、「ドラセナ・フラグランス’マッサンゲアナ’」という品種になります。

まっすぐに硬い幹をのばし、その先に剣状の葉が集まる姿が特徴です。

[おすすめの観葉植物6]幸福の木・コウフクノキ(小型~大型)
出典:Amazon

比較的、乾燥にも強いので、少しくらい水やりを忘れても大丈夫。

太い幹でも根が生えやすいので、茎の部分だけを挿す「茎挿くきさ」でも増やせます。

そのため市販されている幸福の木も、この茎挿しで増やしていることが多く、根が十分に伸びていないものも。
購入後は「根のまわり具合」をよく確認してから、植え替えするかどうか判断しましょう。

通販サイト「HitoHana」で幸福の木を見る
通販サイト「ブルーミングスケープ」で幸福の木を見る

[おすすめの観葉植物7]パキラ(小型~大型)

[おすすめの観葉植物7]パキラ(小型~大型)
出典:Amazon
  • 置き場所:日なた~半日かげ
  • 水やりの好み:ふつう
  • ふやし方:挿し木

ポトスやコーヒーの木と並んで人気の高い「パキラ」。
太い幹の先から細い枝を伸ばし、大きな5枚の葉を広げる姿が独特です。

小さい苗もカワイイですが、大きくなれば1本立ち三つ編みなど、自由な樹形があるのも人気の理由です。

[おすすめの観葉植物7]パキラ(小型~大型)
出典:Amazon

もちろん丈夫で手間いらず。
どんどん育つので、姿が乱れたら剪定せんていして、切った枝で挿し木で増やしてもいいですね。

通販サイト「HitoHana」でパキラを見る
通販サイト「ブルーミングスケープ」でパキラを見る

◆「インテリア向けのおすすめ品種と、観葉植物の育て方全般」は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「インテリア向けのおすすめ観葉植物を紹介!

◆おすすめの観葉植物を知りたい方には、こちらの記事がオススメです。
・記事「育てやすい観葉植物ランキング!
・記事「【室内で育てる観葉植物の種類・品種】株の大きさ・葉っぱのサイズごとに特徴をご紹介!

観葉植物と造花(フェイクグリーン)のおすすめ通販サイトをご紹介

記事の最後に、観葉植物と造花(フェイクグリーン)のおすすめ通販サイトをご紹介します。

なお、観葉植物には幸福度・生産性が高まる、空気を清浄化するなどのメリットが(くわしくは記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?」でご紹介)。
「育て方を知ったので、観葉植物を育ててみたいな」というときは、ぜひこちらの通販で探してみてください。

◆「観葉植物を購入するときのポイント」は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「観葉植物の購入時にやってほしい8つのこと

観葉植物のおすすめ通販サイト

まずは、観葉植物のおすすめ通販サイトです。

Hana Prime(Green Jungleからリニューアル)

観葉植物のおすすめ通販サイトHana Prime(Green Jungleからリニューアル)
出典:Hana Prime

以前は「Green Jungle」だったサイトが、「Hana Prime」としてリニューアルしました。

大型の観葉植物を多くあつかっていることが特徴。
こういった大型の植物を気軽に買えるのも、通販サイトならではですね。

用途(インテリアに人気お祝いに贈る定番)や特性(育てやすい)から、適した観葉植物をすすめてくれます。

また「配送前に植物の写真を送ってくれる」というのも嬉しいサービスです。

はる
はる

これなら、届いてから「思ってたのとちがう…」ということがなく、安心して購入できます。

\ 12時までのご注文で、最短で翌日の到着(北海道、沖縄、九州、四国は翌々日)/
「どんな植物が合うかなあ?」と迷っているときは、無料で最適な植物を提案してくれます

HitoHana

観葉植物のおすすめ通販サイトHitoHana
出典:HitoHana

観葉植物の通販サイト最大手である「HitoHana
その特徴は観葉植物だけで118品種・18,789商品という、ほかのサイトにないほど多くの種類が販売されている点です(記事作成日時点)。

そのほか、1点もの観葉植物やフラワーギフトなども取り扱っているのですから、サイトの巨大さにおどろくばかりです。

50センチ以下の小さなものから、170センチ以上の大型まで、8段階にわかれたサイズで好みの植物を探すこともできます。

自由に選べる好みのお花を、定期的に届けてくれる「お花の定期便」もオススメです。

はる
はる

知らない品種をみつけることもあり、見ているだけでも楽しいサイトです。

\ 観葉植物なら、本州・四国・九州への送料が無料!/
配送前に写真を無料でメールで送付してくれるので、植物の形がイメージできますね

ブルーミングスケープ

たくさんの観葉植物を販売している「ブルーミングスケープ」。
おもしろいのは、選び方に風水&花言葉で選ぶ」がある点です。

仕事運や金運、良縁など、風水で「吉」とされる植物を選ぶことができます。
これまで「見ため」や「育てやすさ」で選んでいた観葉植物に、あたらしい選び方が加わるのではないでしょうか?

また、「温室で管理した観葉植物を新鮮出荷」などのこだわりも紹介してくれており、安心して注文することができます(「出荷時の11のこだわり」より)。

育て方がわからないときは「観葉植物Dictionary」を参考にしましょう。

\送料・梱包手数料は、全国一律770円です(大きめサイズや北海道・沖縄を除く)/

造花(フェイクグリーン)のおすすめ通販サイト

忙しくて苗の世話ができない方には、造花(フェイクグリーン)のサイトをおすすめです。

uminecco(ウミネッコ)

観葉植物のおすすめ人気通販サイトuminecco(ウミネッコ)
出典:uminecco

オシャレなインテリアを販売する「uminecco(ウミネッコ)」。
フェイクグリーンやハーバリウムなども販売しているのですが、すべてがスタイリッシュです。

ペットを飼っていると、部屋に植物をおけなかったりしますよね。
そういった方にはフェイクグリーンがぴったり
なんといっても、植物のつくりが良くできています。

サイズや品種もさまざまですので、お気に入りを見つけやすいです。
ぜひ、部屋にあう植物を探してみてください。

\楽天ペイやPayPayでのお支払いも可能です!/

◆「欲しい植物・道具があるけれどお店で見つからない」ときは、通販サイトで探してみましょう。
・記事「観葉植物のおすすめ人気通販サイトをご紹介!
・記事「園芸のおすすめ人気通販サイトまとめ!

まとめ:育て方のポイントをつかんで、観葉植物を室内でも元気に

この記事では、室内で観葉植物を育てるときに大切なポイント4つ(置き場所・水やり・土選び・肥料)を、それぞれご説明してきました。

ぜひポイントをつかんで、元気な植物を育てていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました