~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

玄関に置く観葉植物は何がいい?大きい・小さい・おしゃれ・玄関先のおすすめを紹介します

観葉植物のおすすめ

玄関に置くのは、どんな観葉植物がいいのかな?

という方に向けた記事です。
玄関に緑があると、帰宅時やお客様が来たときなど、雰囲気がなごみますよね。

そこでこの記事では、「玄関に置く観葉植物は何がいい?」という疑問にお答えして、玄関にピッタリな観葉植物を、”大きい”・”小さい”・”おしゃれ”・”玄関先”にわけてご紹介し、さらに選び方や育て方、飾り方まで解説します。

「玄関にピッタリな観葉植物を置いて育てたい!」というときは、ぜひご覧ください。

◆観葉植物を育てることには、「幸福度が高まる」などの多くのメリットが(記事「部屋で観葉植物を育てるメリット」参照)。
 ぜひ、観葉植物のおすすめ通販サイトで、観葉植物を購入して育ててみてください。

◆「おすすめする”花のサブスク”」は、記事「おすすめ”花の定期便”を徹底比較」でご紹介しています。

玄関に置く観葉植物は何がいい?おすすめ8選+αをご紹介

まずは「玄関に置く観葉植物は何がいい?」という疑問にお答えして、おすすめ8選+αをご紹介します。

〈玄関におすすめ①〉大きい観葉植物2選

玄関に置くおすすめ観葉植物、1つめは「大きめの観葉植物」です。

大きめのおすすめ①:モンステラ

【人気が高い⑥】モンステラ:大きい葉の独特なシルエットが人気

スラリとのびた茎に、独特な大きい葉のシルエットが人気の「モンステラ」。
風通しをよくし、スコールなどの強い雨でも、葉のダメージを少なくするために、葉に切れ込みや穴があくよう進化したといわれます。

また、乾燥にも強いため初心者でも育てやすい品種です。

年間をとおして、室内の明るい日陰に置くことが最適

繁殖力がとても強いので、株が大きくなりすぎたら思い切ってカットすれば、茎伏せ(カットした茎を土においておくと根が出る!)で増やせます。

大きめのおすすめ②:フィカス・エラスティカ(ゴムノキ)

フィカス・エラスティカ
出典:Amazon

革質でツヤがあり、大きく美しい葉が特徴の「フィカス・エラスティカ」。

原産国では、天然ゴム採取のために栽培されていたことから、「ゴムノキ」ともよばれます。

耐陰性があるため、暗い玄関でも育ちます
ただし最適なのは屋外で、夏に直射日光によくあてることで丈夫な株に育ちます。

日あたりがよくない場所でずっと育てると、葉がやわらかくなり垂れてくるので、後述するようにローテーションで場所を変えましょう

湿気を好む品種ですので、乾燥した場所で育てるときには、霧吹きで水を与えます。

〈玄関におすすめ②〉小さい観葉植物2選

玄関に置くおすすめ観葉植物、2つめは「小さめの観葉植物」です。

小さめのおすすめ①:ガジュマル

出典:Amazon

太い独特の形状の幹と、肉厚で光沢のある葉っぱで人気の「ガジュマル」。
古くから、「精霊が宿る木」として知られます。

耐陰性があり、乾燥にも強いため、丈夫で育てやすい観葉植物。
ただし日光が好きですので、できるだけ日に当てる時間とることがおすすめ

幹の部分はひとつひとつ形が違うので、お店で見くらべて、自分好みの形をみつけてみましょう。

小さめのおすすめ②:ポトス・ライム

出典:Amazon

ツルがぐんぐんのび、艶やかな緑の葉をつける「ポトス」。
切ったツルは、水に挿すだけで根が出るほど強い繁殖力をもちます

なかでも玄関には、やさしいライム色の「ポトス・ライム」がおすすめ。
ほかの観葉植物にはあまりない葉色で、明るい雰囲気をつくってくれます。

水やりは春~秋は鉢土が乾いたら与え、冬は乾かし気味に管理。

乾燥に強く、日陰でも育ちますが、徒長してしまうことも。
LEDや蛍光灯などを長く点灯させることも効果的です。

乾燥する部屋では、霧吹きで水を与えましょう。

観葉植物”ポトス”を購入できるおすすめ通販サイト

HitoHana(←”とくにオススメ!”) ・ブルーミングスケープ ・園芸ネット ・GreenSnap STORE ・Charmicon

◆「ポトスの増やし方」は、こちらでくわしくご紹介しています。
・記事「ポトスの増やし方
・記事「【観葉植物ポトス】”挿し木”のやり方をわかりやすく解説!
・記事「【観葉植物ポトス】”水挿し”の方法をわかりやすく解説!

◆ポトスのように「枯れにくい植物」を知りたい方には、こちらがおすすめ。
・記事「枯れない観葉植物はある?枯れにくい種類や育て方のポイントも解説

〈玄関におすすめ③〉おしゃれな観葉植物2選

玄関に置くおすすめ観葉植物、3つめは「おしゃれな観葉植物」です。

おしゃれなおすすめ①:アンスリウム(オオベニウチワ)

アンスリウム(オオベニウチワ)
出典:Amazon

人工的にも見える、独特なツヤの花と葉をもつ「アンスリウム」。
玄関だけでなく、和室や洋室など場所を選ばず飾ることができて人気があります

花のように見える、赤く光沢のあるハート型の部分は仏炎苞(ぶつえんほう:花のつぼみを包む葉)。

赤い仏炎苞をもつ、上の写真の品種が「アンスリウム・アンドレアヌム」で、「オオベニウチワ」ともよばれ、広く親しまれています。

明るい日陰が最適ですが、耐陰性があるため、日が差さない玄関でもOK
水やりは、春~秋には鉢土が乾いたら与え、冬は乾かし気味に管理します。

年間をとおして葉水を与えますが、霧吹きではなく、湿らせたスポンジで葉を拭うように拭くと効果的です。

おしゃれなおすすめ②:アジアンタム

出典:Amazon

薄く小さな葉っぱが、風にゆれる様子がかわいらしい「アジアンタム」。
とくに女性からの人気が高いそうです。

涼しげな雰囲気で、夏のリビングに置くとおしゃれに飾れます。

シダの仲間のため、乾燥に弱く多湿が好き
直射日光が苦手なので、あまり日のあたらない玄関でも大丈夫!

風にも弱いので、暖房やエアコンの風が直接あたらないようにしましょう。
ただ、根っこは強いので、葉がチリチリになっても回復するケースもあります。

〈玄関におすすめ④〉玄関の外(玄関先)に置きたい観葉植物2選

玄関に置くおすすめ観葉植物、4つめは「玄関の外(玄関先)に置きたい観葉植物」です。

玄関の外におすすめ①:オリーブの木

オリーブ
出典:Amazon

表面は光沢のある濃緑色、裏面は銀白色をおびた葉をもつ常緑樹の「オリーブの木」。

南ヨーロッパには千年をこえる老樹もあります。
実をつけたい場合には、2種類以上のオリーブの木があるとよいです。

室内でも育てられますが、やはり最適なのは室外での強い日射し
ただし浅根性で強風に弱いため、ベランダなどにおく場合には、支柱などの対策が必要です。

乾燥を好みますが、良好な生育のためには、鉢が乾きすぎない程度は水やりをしましょう。

玄関の外におすすめ②:ユーカリ

出典:Amazon

オーストラリア原産で、コアラのエサとしても有名な「ユーカリ」。
ただしコアラのエサは、観葉植物としてのユーカリとはまた別品種です。

日当たりと風通しが好きなので、玄関先で育てるのにピッタリ。

グングン育ちますが、小さいうちは根の張りが浅く、風で倒れることも
鉢で支柱を立てて育てましょう。

オーストラリアでは、砂漠化がすすんだ地域の緑化のために植えられるほど、乾燥にも強い!
水はけの良い土で、表面が乾いたら水やりするように育ててください。


しゅう
しゅう

ほしい観葉植物が見つかったら、園芸店やネット通販などで探してみましょう。
通販サイトのおすすめはこちら↓です。

  1. たくさんの種類から選びたい」ならHitoHana
    (↑観葉植物の品ぞろえが国内最大級の通販サイトです)
  2. 自分にピッタリな植物を知りたい」ならAND PLANTS
    (↑”パーソナル植物診断”で、最適な植物を教えてくれます)
  3. フェイクグリーンがほしい」ならプリマオンライン
    (↑本物ソックリ・高品質な造花を販売するサイトです)

各サイトのくわしい情報やおすすめ他サイトは、記事「観葉植物のおすすめ通販サイト」・「フェイクグリーン人気おすすめ品」ででご紹介しています。

〈玄関におすすめ:番外編〉玄関が日陰なら”フェイクグリーン(造花)”の観葉植物もおすすめ

うちの玄関は日陰でまっ暗。しかも仕事でずっと外出するので、あまり電気も点けない…。

というときには、フェイクグリーン(造花)の観葉植物もおすすめです。

フェイクグリーン(造花)というと、以前は質が悪く、「いかにも作りもの」という感じでした。
でも現在は高品質なものも多く、近くで見ないとわからないほど。

たとえばこちら↓。

アレカヤシ(出典:uminecco
パキラ(出典:プリマ

鉢(ポット)だけではなく、ハンギングタイプも。

シサスアイビー(出典:uminecco
しゅう
しゅう

品質が向上し、すごくおしゃれなものが増えました。日が射さない玄関やトイレなどに観葉植物がほしいときは、フェイクグリーンを置いてみましょう。

なお、購入するならこちらのサイトがおすすめ
ぜひ、お気に入りのフェイクグリーン(造花)を探してみてください。

また、”短期間だけフェイクグリーンを飾りたい”ときは、サブスクを利用するという方法も。
「最低レンタル期間」は1ヶ月で、配送・返却の送料も発生しないので、安心して利用できます。

玄関に置く観葉植物の選び方と注意点

次に、玄関に置く観葉植物の選び方と注意点をご紹介します。

玄関に置く観葉植物の選び方のポイント

玄関に置く観葉植物の選び方のポイントはこちら。

玄関にどのくらい光があたるかを確認し、その光量にあわせた耐陰性(日陰に耐えられる性質)をもつ観葉植物を選ぶ

ひとくちに玄関と言っても、こちら↓のようにたくさんの光が入るお宅があれば、まったく光が入らないお宅もあります。

たくさんの光が入るなら「耐陰性がふつう」の観葉植物を、まったく光が入らないなら「耐陰性がある」観葉植物を選びましょう。

〈耐陰性がふつう(やや明るい場所に置くのがおすすめ)の観葉植物〉
アジアンタム、アスパラガス、アビス、アレカヤシ、アロエ、オリズルラン、カポック、カラテア、カンノンチク、クテナンテ、ゲットウ、ケンチャヤシ、幸福の木、グレープアイビー、シュロチク、シンゴニウム、スパティフィラム、チランジア、ディフェンバキア、テーブルヤシ、トックリラン、トラディスカンチア、ネフロレピス、ハートカズラ、ハエトリグサ、パキラ、ビカクシダ、プテリス、ヘゴ、ペペロミア、ベンジャミンゴム、モンステラ

〈耐陰性がふつう(やや暗い場所に置くこともできる)観葉植物〉
アグラオネマ、アナナス類、アフェランドラ、アロカシア、アンスリウム、エクメア、ガジュマル、サンセベリア、シェフレラ、セローム、セダム、ドラセナ・コンシンナ、チャラン、フィカス・ベンジャミナ、ポトス、ポリシャス、ユッカ

◆「観葉植物の耐陰性などの特性」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物の種類と特徴を紹介!

玄関に観葉植物を置くときの注意点

玄関に観葉植物を置くときは、次の点に注意してください。

日当たり・風通しがあまりない玄関なら、観葉植物を3日に一度は日当たり・風通しが良い場所に移してあげる

日当たり・風通しが良い玄関なら、何の問題もありません。
ですが、”風通しまで良い玄関”は、あまりないですよね。

そこで、できれば2鉢以上の観葉植物を準備して、玄関と日当たり・風通しが良い場所をローテーションさせるのがおすすめ。

これなら、植物がいつも元気で、キレイな状態で育ってくれますよ。

◆「観葉植物の置き場所」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物の置き場所はどこが良い?

玄関での観葉植物の育て方

次に、玄関での観葉植物の育て方をご紹介します。

”風通し”と”水の与えすぎ”に気をつける

玄関での観葉植物の育て方は、基本的には「室内での育て方」と同様です。

ただし、前述のとおり、玄関では”風通しが悪い”お宅が多いはず。
すると、鉢土の乾き方もだいぶ遅くなります。

室内のほかの場所の観葉植物が乾いたからと言って、同じタイミングで水やりすることは避けましょう。

暗くて「鉢土が乾いたかどうかわかりづらい」ようなら、水やりチェッカーサスティーを使うこともおすすめです。

◆「観葉植物の室内での育て方」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物の室内での育て方」、「水やり」、「」、「肥料」、「活力剤

玄関での観葉植物の飾り方

次に、玄関での観葉植物の飾り方をご紹介します。

玄関の雰囲気をくずさないレイアウトを

玄関に観葉植物を飾るときは、玄関の雰囲気をくずさないレイアウトを心がけましょう。

とくに鉢・鉢カバーを、玄関の壁や靴箱などの色・質感に合わせることがポイント。
たとえばこちら↓のように、質感が木目調なら、鉢も木目調かブラウンだとぴったりです。

一方で、鉢に模様があったり色が濃いと、鉢(鉢カバー)が目立ってしまいます。
こういった鉢を玄関に並べてしまうと、バラバラでまとまりのない印象に。

模様があったり色が濃い鉢を使いたいときは、ひとつだけ飾ってその鉢を目立たせると、おしゃれな印象を与えられます。

◆「おすすめの鉢・鉢カバー」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物のおしゃれな鉢(ポット)の人気おすすめ品を紹介!
・記事「観葉植物のおしゃれな鉢カバーのおすすめを紹介!

「観葉植物を玄関で育てる」ことの疑問にお答えします

記事の最後に、「観葉植物を玄関で育てる」ことの疑問にお答えします。

〈疑問①〉玄関に置いた観葉植物から虫が発生しない方法はある?

コバエが出るから、玄関には観葉植物を置きたくない…」
という方もいるかも知れませんね。

そんなときは、観葉植物に無機質の土をつかってみましょう。

出典:Amazon

土を全部とりかえるのが大変なら、表面から4センチほどを無機質に入れ替えるだけでも効果大

これは、コバエが有機質の土の表面に卵を産んで増えるため。
無機質の土にすることで、コバエの発生をだいぶ防げます。

また受け皿に水をためないことも大切。
清潔な環境にすると、虫が寄りにくくなります。

◆「おすすめの培養土」については、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物におすすめの土を紹介!

〈疑問②〉玄関に置いた観葉植物が枯れてしまう原因は?

玄関に置いた観葉植物が枯れる原因として、一番に考えられるのは、水の与えすぎによる根腐ねぐさ
「日当たり」とともに「風通し」が悪い玄関では、鉢土が乾きにくくなります

しかもうす暗いと、鉢土が乾いたのかどうか、見た目でもよくわかりません。

そこでほかの部屋で育ててる植物に合わせて、水を与え続けると、すぐに枯れてしまいます。
水やりチェッカーサスティーを使うなどして、適正な水やり時期を確認しましょう。

「日当たりの悪さ」で枯れることは稀です

玄関に置いた観葉植物が枯れる」というと、まずは「日当たりの悪さが原因?」と思うかもしれません。
ですが、「日当たりがわるくて観葉植物が枯れる」ことはそうそうありません

ヒョロヒョロと徒長して、植物が弱ってしまうことはあります。
それでも、数ヶ月という長い期間うす暗い場所で育てても枯れないくらい、観葉植物は強いです。

〈疑問③〉「自分にピッタリの観葉植物」を教えてくれるサービスはある?

観葉植物を買いたいけど、たくさんあってどれがいいのかわからない…。自分にピッタリの観葉植物を教えてくれるサービスがあればいいのに…。

という方におすすめなサービスが、こちらの2つです。

①AND PLANTSの「パーソナル植物診断機能」

まず1つめは、観葉植物オンラインストア”AND PLANTS”の「パーソナル植物診断機能」。

「希望するサイズ」や「部屋の日当たり」など、カンタンな7つの質問に答えるだけで、「自分にピッタリな観葉植物」を教えてくれます
もちろん、個人情報などは登録する必要はありません(メールアドレスの登録は必要)。

しゅう
しゅう

ちなみに僕が診断をうけたところ、結果は「パキラ」でした。

出典:AND PLANTS

初心者さんなど、「まずどれを選べばいいかわからない!」というときは、ぜひ参考にしてみてください。
「花言葉」や「飾り方の例」も教えてくれるので、その植物のことをより知ることができますよ。

②ブルーミングスケープの「風水&花言葉で選ぶ」

2つめは、観葉植物オンラインストア”ブルーミングスケープ”の「風水&花言葉で選ぶ」ページです。

じつは風水的にも「吉」とされる観葉植物
どの観葉植物が、どんな風水的な効果をもたらすのか教えてくれます。

しゅう
しゅう

たとえば仕事運や金運をアップさせたいなら、パキラやユッカ(青年の木)がおすすめ。

またあまり知られていない、「観葉植物の花言葉」も教えてくれます。
誰かに観葉植物を贈るときには、ぜひ参考にしてください。

〈疑問④〉「玄関での育て方」を教えてくれるサービスはある?

自分で考えても、玄関での観葉植物の育て方がわからない…。

こんなときは、オンラインサービスを使ってみましょう。

おすすめは”スキルのオンラインマーケット”のcoconala(ココナラ)

500円~といった低料金で、園芸業界で長くはたらいた方などに相談できます。

観葉植物の育て方などのアドバイスを個別でもらえるので、「くわしい育て方を知りたい」という方は、ぜひ利用してみてください。

まとめ:玄関にピッタリな観葉植物を選んで明るい雰囲気を!

この記事では、「玄関に置く観葉植物は何がいい?」という疑問にお答えして、玄関にピッタリな観葉植物を、”大きい”・”小さい”・”おしゃれ”・”玄関先”にわけてご紹介し、さらに選び方や育て方、飾り方まで解説しました。

ひと鉢でも植物があると、雰囲気がガラッと変わります。
ぜひ記事を参考に、玄関にピッタリな観葉植物を選んで、明るい雰囲気をつくりましょう!

◆「観葉植物の情報全般」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物まとめ】育て方のポイント、増やし方などすべて紹介

しゅう
しゅう

通販サイトのおすすめはこちら↓です。

  1. たくさんの種類から選びたい」ならHitoHana
    (↑観葉植物の品ぞろえが国内最大級の通販サイトです)
  2. 自分にピッタリな植物を知りたい」ならAND PLANTS
    (↑”パーソナル植物診断”で、最適な植物を教えてくれます)
  3. 風水で観葉植物を選びたい」ならブルーミングスケープ
    (↑観葉植物の種類別に、どんな風水的な効果があるのか教えてくれます)

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 尾崎 章・著『観葉植物と暮らす』NHK出版
  • 書籍 NHK出版・編『とことん答える800問!園芸なんでもQ&A』NHK出版

あなたにピッタリの”花の定期便”を知りたいなら → → →
おすすめの”花のサブスク”を紹介!
あなたにピッタリの”花の定期便”を知りたいなら → → →
おすすめの”花のサブスク”を紹介!
タイトルとURLをコピーしました