~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

失敗しない観葉植物の選び方!おすすめ品種や店での株の選び方も解説

観葉植物

観葉植物を購入しようとして、

たくさんあるけど、観葉植物はどう選べばいいの?選び方のポイントはある?

という疑問をお持ちではないですか?

とくに初心者の方だと、失敗しないための「観葉植物の選び方の基準」がほしいですよね。

そこでこの記事では、失敗しない観葉植物の選び方や「選び方」ごとのおすすめ品種、お店での株の選び方などを解説していきます

「初心者だけど、観葉植物選びに失敗したくない!」というときは、ぜひご覧ください。

◆「育て方や増やし方、おすすめ品種など観葉植物情報全般」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物まとめ】育て方のポイント、増やし方などすべて紹介

◆「初心者の方が観葉植物を育てるときに必要な道具」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【初心者向け】室内で観葉植物を育てるとき必要なものは?

失敗しない観葉植物の選び方!

まずは、失敗しない観葉植物の選び方をご紹介します。

できれば、「①見た目」で何品種か選び、そのなかから「②置き場所」と「③育てやすさ」に合う品種を選ぶと、より失敗の可能性は減ります

しゅう
しゅう

育てるのに慣れてきたら「①見た目」だけで選ぶのもOKです。

[選び方①]観葉植物の見た目で選ぶ

失敗しない観葉植物の選び方1つめは、「観葉植物の見た目で選ぶ」です。

インテリアに欠かせない存在となった観葉植物には、たくさんの種類が存在します。
そして姿形(フォルム)やサイズ、葉の形・色もさまざま

そのなかから、自分の好みの見た目の植物を選びましょう。

◆観葉植物の種類は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【室内で育てる観葉植物の種類・品種】株の大きさ・葉っぱのサイズごとに特徴をご紹介!

鉢や鉢カバーのデザインも大切

そして「インテリア」として考えると、じつは鉢・鉢カバーのデザインも大切です。

鉢・鉢カバーの選び方は後述していますが、やはりまずは「見た目」で選んでみてください

僕もついつい、ダイソーなど100均の鉢を使ってしまいがちです。
でもちょっといい鉢を使うと、グッとおしゃれ度が向上

セルフウォータリング ポット(Nils Plojel)
出典:MoMA

ぜひ、お部屋の雰囲気にあった鉢・鉢カバーもさがしてみましょう。

◆「観葉植物の鉢・鉢カバーの選び方とおすすめ品」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物のおしゃれな鉢のおすすめを紹介!種類や選び方も解説
・記事「観葉植物のおしゃれな鉢カバーのおすすめを紹介!選び方も紹介

[選び方②]置き場所(日当たり・温度・湿度)で選ぶ

2つめの失敗しない観葉植物の選び方は、「置き場所で選ぶ」です。

まずは、観葉植物を置こうとしている場所で、次の項目を確認しましょう。

  1. 日当たり
  2. 温度
  3. 湿度(風通し)

とくに影響するのは上記「1.日当たり」。

しゅう
しゅう

温度と湿度は、「冬になったら移動する」・「窓を開ける」などで対応可能です。

そして観葉植物の特性をみて、次の日当たりの場所に置けるように選んでください

  • 耐陰性がある=台所・トイレなどやや暗い場所でも可(たまに日に当てる)
  • 耐陰性がふつう=リビングなどやや明るい場所
  • 耐陰性がなし=窓辺など明るい場所

◆「置き場所の選び方のポイント」は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「観葉植物の置き場所はどこが良い?選び方のポイントやおすすめ品種も解説

[選び方③]育てやすさで選ぶ

失敗しない観葉植物の選び方3つめは、「育てやすさで選ぶ」です。

当「植物マガジン」では、”観葉植物の育てやすさ”を次のように定義します。

観葉植物の育てやすさのポイント
  1. 耐陰性がある(やや暗い場所でも育つ)
  2. 乾燥に強い
  3. 全体的に枯れにくい

観葉植物を紹介する本やサイトなどで、上記ポイントをよく確認してください。

育てやすい観葉植物からはじめて、いろんな種類にチャレンジしてみましょう。

◆「育てやすい観葉植物」は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「育てやすい観葉植物ランキング!

◆「初心者向け・大型のおすすめ観葉植物や選び方」を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
・記事「初心者でも室内で育てやすいおすすめ観葉植物はこちら!選び方や育て方のコツも解説
・記事「育てやすいおすすめ大型の観葉植物5選!選び方や飾り方のコツも紹介

「選び方」ごとのおすすめ観葉植物

次に、「選び方」ごとのおすすめ観葉植物をご紹介します。

見た目がよいおすすめの観葉植物

見た目がよいおすすめの観葉植物はこちらです。

[見た目がよいおすすめの観葉植物①]グリーンネックレス

出典:Amazon

コロコロとした葉が愛らしい「グリーンネックレス」。
どんどん長く育つツル性の植物なので、鉢を吊るしたり、高さのある鉢から垂らすようにしても楽しめます。

[見た目がよいおすすめの観葉植物②]ホヤ・カーリー

出典:Amazon

多肉質のハート型の葉が愛らしい、「スイートハート」ともよばれる「ホヤ・カーリー(ケリイ)」。
じつはこちらもツル性の植物で、その葉だけを植えています。

[見た目がよいおすすめの観葉植物③]グズマニア

出典:楽天市場

パイナップル科の植物らしい色あざやかな花(ただしくは「花苞かほう」)が、数ヶ月鑑賞できる「グズマニア」。
つややかな葉と花苞がエキゾチックな品種です。

[見た目がよいおすすめの観葉植物④]フィカス・エラスティカ

出典:Amazon

ツヤがある小判型の葉と、その葉やほう(新芽を包む葉のようなもの)の美しい紅色が人気の「フィカス・エラスティカ」。
「ゴムノキ」ともよばれ、環境になじみやすいので、育てやすいという特徴をもちます。

[見た目がよいおすすめの観葉植物⑤]フィカス・ベンジャミン・バロック

出典:楽天市場

キレイな緑色の葉が、一枚一枚外側にカールするという、ほかにない姿で人気の「フィカス・ベンジャミン・バロック」。
乾燥すると葉が落ちるので、葉水を与えて加湿しましょう。

置き場所ごとにおすすめの観葉植物

次に、置き場所ごとにおすすめの観葉植物のご紹介です。

明るい場所(窓辺など)のおすすめ観葉植物

窓辺など、明るい場所に置くのがおすすめの観葉植物(つまり「耐陰性」がない植物)はこちらです。

〈明るい場所に置くのがおすすめの観葉植物〉
アイビー、アガヴェ、アカリファ、アオキ、アボカド、アロエ、アローカシア、インドゴムノキ、エスキナンサス、ガジュマル、カラジウム、ギヌラ、クラッスラ、クロトン、クワズイモ、コーヒーの木、ゴールドクレスト、コルディリーネ、コルムネア、コンシンナ、サラセニア、シペラス、ジャカランダ、ストレリチア、セダム、ヒポエステス、フェニックス、ブラジルヒメヤシ、ユッカ、ワイヤープランツ

やや明るい場所(リビングなど)のおすすめ観葉植物

リビングなど、やや明るい場所に置くのがおすすめの観葉植物(つまり「耐陰性」がふつうの植物)はこちらです。

〈やや明るい場所に置くのがおすすめの観葉植物〉
アジアンタム、アスパラガス、アビス、アレカヤシ、アロエ、オリズルラン、カポック、カラテア、カンノンチク、クテナンテ、ゲットウ、ケンチャヤシ、幸福の木、グレープアイビー、シュロチク、シンゴニウム、スパティフィラム、チランジア、ディフェンバキア、テーブルヤシ、トックリラン、トラディスカンチア、ネフロレピス、ハートカズラ、ハエトリグサ、パキラ、ビカクシダ、プテリス、ヘゴ、ペペロミア、ベンジャミンゴム、モンステラ

やや暗い場所(台所・トイレなど)に置くこともできる観葉植物

台所・トイレなど、やや暗い場所に置くこともできる観葉植物(つまり「耐陰性」がある植物)はこちらです。

〈やや暗い場所に置くこともできる観葉植物〉
アグラオネマ、アナナス類、アフェランドラ、アロカシア、アンスリウム、エクメア、ガジュマル、サンセベリア、シェフレラ、セローム、セダム、ドラセナ・コンシンナ、チャラン、フィカス・ベンジャミナ、ポトス、ポリシャス、ユッカ

前項までとは違って、あえて「やや暗い場所に置くこともできる」としたのは、「耐陰性」がある植物でも日光は必要なため

ここでご紹介した植物も、できれば前項の「やや明るい場所(半日かげ)」で育ててあげてください。

どうしても「やや暗い場所」で育てるときは、週に1回・数時間は半日かげの場所に置いて、日光にあてましょう

育てやすさでおすすめの観葉植物

ここでは、育てやすさでおすすめの観葉植物をご紹介します。

[育てやすさでおすすめの観葉植物①]ポトス

まずは何といっても「ポトス」です。

出典:Amazon

茎から切ったものを、水に挿すだけでも育つほど丈夫(「水挿みずさし」といいます)。
「ライム」や「エンジョイ」など種類も多いので、選ぶのも楽しいです。

[育てやすさでおすすめの観葉植物②]シェフレラ

2つめのおすすめは「シェフレラ」です。

[大型のおすすめ①]カポック(シェフレラ)(中型~大型)
出典:Amazon

耐陰性があり、環境に対する順応性も高いため枯れにくい品種。
こちらもたくさんの種類があり、寒さにも強い品種なら、通年外で育てられます(雪にあてないこと)。

[育てやすさでおすすめの観葉植物③]パキラ

おすすめの3つめは「パキラ」です。

出典:Amazon

日当たりが良い場所を好みますが、明るい日陰でも生育可能。
太い幹を切っても、すぐに新しい芽が出てくるほど生育が旺盛です

園芸店やホームセンターでの観葉植物の選び方

次に、園芸店やホームセンターでの観葉植物の選び方をご紹介します。
まずはお店の選び方、次が株の選び方です。

店内の日当たりがよくお客さんが多い店を選ぶ

観葉植物を購入するときは、店内の日当たりがよく、お客さんが多い店を選びましょう。

しゅう
しゅう

さらにいうと、相談したら”ていねいに説明してくれる”店員さんがいるお店がいいですね。

お店で販売されている時期も、植物はもちろん生長しています。
そこである程度の日光があたらないと、姿がくずれ、元気がなくなることに。

また、お客さんがいないお店だと、いつまでも古い株が売れ残ることになります。

しかも、お店として植物の販売に力をいれていないので、店員さんの育て方も雑。
平気でゼニゴケが生えてたりして、株の状態もよくありません。

こういったお店では「状態のよい株」に出会える確率が低いため、べつのお店を探しましょう。

◆「山形県と宮城県のおすすめ園芸店」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「山形県のおすすめ園芸店・花屋・植物園
・記事「宮城県のおすすめ園芸店・花屋・植物園

元気で状態のよい株を選ぶ

次に、お店で観葉植物を選ぶときのポイントとしては、「元気で状態のよい株」を選びましょう

具体的にチェックしたい項目はこちら。

元気で状態のよい観葉植物を選ぶ項目
  1. 株全体に勢いがある
  2. 葉が密に茂っている
  3. 枝や葉が徒長(ヒョロヒョロと間延びすること)していない
  4. 葉の色がイキイキしており、葉先などが枯れていない
  5. 葉や枝などに虫がついていない
  6. 鉢土の表面にゼニゴケが生えていない
  7. 品種を書いたラベルがついている

こちら↓がゼニゴケ。
鉢土の表面に生えてきます(そう簡単には生えないんですけどね)。

しゅう
しゅう

ほしい品種が何株があるときは、いちばん状態がいいものを選びましょう。苗の健康度は、育てやすさにも大きく影響します

まとめ:「選び方」のポイントを知って、失敗しない観葉植物選びを

この記事では、失敗しない観葉植物の選び方や「選び方」ごとのおすすめ品種、お店での株の選び方などを解説してきました。

ぜひ記事を参考に、「選び方」のポイントを知って、失敗しない観葉植物を選んでみてください。

◆「通販サイトで観葉植物を探したい」ときは、こちらの記事でサイトをご紹介しています。
・記事「観葉植物のおすすめ人気通販サイトをご紹介!
・記事「園芸のおすすめ人気通販サイトまとめ!

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 尾崎 忠・著『はじめてのインドアグリーン 選び方と楽しみ方』ナツメ社
  • 書籍 平田 幸彦・監修『置き場所 手入れ 増やし方がわかるインテリア観葉植物』日本文芸社
  • 書籍 NHK出版・編『観葉植物と暮らす 育て方楽しみ方のガイドブック』NHK出版

タイトルとURLをコピーしました