~観葉植物の「おすすめ通販サイト」を知りたい方は、こちらの記事へどうぞ~

【失敗したくない初心者さん向け】観葉植物はどこで買うといい?販売するお店ごとの特徴やおすすめ度も

観葉植物はどこで買うと失敗しない?販売するお店ごとの特徴やおすすめ度もご紹介します観葉植物

観葉植物を購入しようとして、

いろんなお店で売ってるけど、観葉植物を買うならどこがいいの?

という疑問をお持ちの方はいませんか?

今は、園芸店やホームセンターだけでなく、雑貨店や100円ショップでも観葉植物が売っています。
でも100円ショップの苗だと「ちゃんと育つのかな?」と不安になりますよね。

そこでこの記事では、失敗したくない初心者さん向けに、観葉植物はどこで買うといいのか、販売するお店ごとの特徴やおすすめ度、失敗しない購入方法・選び方、おすすめ観葉植物・通販サイトまでご紹介します。

「はじめて育てるので、丈夫な苗を買いたい」というときは、ぜひご覧ください。

しゅう
しゅう

ちなみにこの記事で「失敗」とは、「状態の良くない株を購入してしまうこと」を指します。

◆「育て方や増やし方、おすすめ品種など観葉植物情報全般」は、こちらの記事でまとめています。
・記事「【観葉植物まとめ】育て方のポイント、増やし方などすべて紹介

◆「初心者の方が観葉植物を育てるときに必要な道具」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【初心者向け】室内で観葉植物を育てるとき必要なものは?

【失敗したくない初心者さん向け】観葉植物はどこで買うといい?

観葉植物はどこで買うと失敗しない?

まずは、失敗したくない初心者さん向けに、観葉植物はどこで買うといいのかをご紹介します。

「園芸店・花屋」と「ネット通販サイト」で買うと失敗の可能性は低い

結論としては、「園芸店・花屋」と「ネット通販サイト」で買うと、失敗の可能性は低いです。

それぞれの販売店の特徴は次項でご紹介しますが、やはり専門店ですので、状態の良い苗がそろっています。
そして店頭で販売されているあいだも、行き届いた世話をされ、十分な日の光を浴びることも。

たとえ苗を育てる育苗会社や農家でしっかり育てられても、日の光が届かない販売店で、いいかげんに管理されると苗は弱ります

「どこで買うか」はけっこう重要。
ぜひ信頼できる「園芸店・花屋」・「ネット通販サイト」を見つけましょう。

初心者さんが「失敗=状態の悪い苗」を買うことのデメリット

なぜ初心者さんが「失敗=状態の悪い苗」を買うことを避けたほうがいいかというと、次のようなデメリットがあるからです。

初心者さんが「失敗=状態の悪い苗」を買うことのデメリット
  • 姿形がくずれる
  • 葉の色が悪くなる
  • すぐに病気になる
  • 虫がつくことがある

つまり、「育てるのが大変(よけいな手間がかかる)」なうえ、「インテリアとしてもイマイチ」に。

これでは”育てやすく、インテリアにもなる”という観葉植物の良さがなくなってしまいます。

初心者さんは、できるだけ「園芸店・花屋」・「ネット通販サイト」で購入しましょう。
そして購入時には、店員さんやサイト側に「育て方のポイント」を確認してください

観葉植物の販売店ごとの特徴とおすすめ度

観葉植物の販売店ごとの特徴とおすすめ度

次に、観葉植物の販売店ごとの特徴とおすすめ度をご紹介します。
「観葉植物を買うならどこがいいかな?」と迷っているときは、参考にしてください。

園芸店・花屋(おすすめ度☆☆☆)

まずは「園芸店・花屋」で、おすすめ度は☆3つです。

やはり植物販売の専門店ですから、販売中の苗の管理がしっかりしています

またビニールハウスや透明な天井などで、太陽光が取り込める店舗が多数。
日光不足で弱ったり、徒長したりする苗の数は減ります。

後述するとおり、お客さんが多い店を選べば、もう間違いありません。
あとは良い苗を選びましょう。

ちなみに次項でご紹介する、やはりおすすめ度☆3の「ネット通販」とくらべ、「園芸店・花屋」には次のようなメリットがあります。

  1. 実際に植物を手にとって見られる
  2. 店員さんに、育て方のポイントをしっかり聞ける
  3. 植物がならんでいる風景をみると癒やされる
しゅう
しゅう

上記1の「実際に見る」って、けっこう大切ですよね。同種類が何株か並んだなかから「これ!」っていうのを選ぶと、愛着がわきます。

ネット通販サイト(おすすめ度☆☆☆)

次は「ネット通販サイト」で、おすすめ度は☆3つです。

こちらもやはり植物販売の専門店ですから、販売中の苗の管理がしっかりしているところが多い

またネット通販サイトが「園芸店・花屋」より優れている点がこちら。

  1. たくさんの種類の観葉植物が販売されている
  2. マニアックな種類(珍奇植物)を販売しているサイトもある
  3. 宅配便で届くので、大型の観葉植物を購入しても持ち帰りの苦労がない
しゅう
しゅう

地元の園芸店では見たことがない品種を買えるのが、通販サイトの魅力ですね。

ただし、次の点には注意しましょう。

  • サイズ感がつかみにくい:とくに大型の株を購入するときは、メジャーなどで実際に大きさを確認する(置き場所も測ってみるといいです)
  • 通販サイトに当たりハズレがある:大手の通販サイトを利用する、信頼できるSNSのフォロワーさんが勧める通販サイトを利用する

ちなみに、僕が利用して信頼できるおすすめ通販サイト後述しています。

ホームセンター(おすすめ度☆☆)

次は「ホームセンター」で、おすすめ度は☆2つです。

「ホームセンター」が「園芸店・花屋」と「ネット通販サイト」よりも優れている点はこちら。

  1. 植物のほかに、培養土・鉢・肥料・園芸道具などを数多くそろえている
  2. 気軽に入って購入できる

しゅう
しゅう

培養土や肥料を買うなら、「ホームセンター」の方がいいですね。そして園芸店よりも気軽に入れて、工具のついでに植物も買えます。

ですが「ホームセンター」のおすすめ度が☆2つな理由は次のとおり。

  1. 植物にまったく力を入れていない店舗がある
  2. 観葉植物の生育にくわしい店員さんが少ない

野菜苗や花苗にくわしい店員さんは多くても、観葉植物だと「あ~、ごめんなさい。ちょっとそこまでは…」ということがよくあります。

雑貨店・インテリアショップ(おすすめ度☆)

雑貨店・インテリアショップ」のおすすめ度は☆1つです。

そして「雑貨店・インテリアショップ」が「園芸店・花屋」と「ネット通販サイト」よりも優れている点はこちら。

  1. インテリア性の高い植物と鉢を購入できる

かわいい鉢やおしゃれな鉢に、ピッタリの植物が植えられており、部屋の雰囲気がやわらかくなります。

ただ、「雑貨店・インテリアショップ」には次のようなデメリットも。

  1. 太陽光が入らない店舗が多いため、植物が弱る
  2. 観葉植物の生育にくわしい店員さんは少ない
  3. 植物にくわしくない店員さんが管理するため、植物が弱る

お値段がそこそこすることも多いため、初心者の方は「雑貨店・インテリアショップ」での購入は避けることをおすすめします。

ダイソーなど100円ショップ(おすすめ度☆)

最後にご紹介するのは、ダイソーなど「100円ショップ」で、おすすめ度は☆1つです。

「100円ショップ」のメリットは、何よりこちら。

  1. 安い!

少し大きい苗でも330円ほどですので、気軽に購入できます。

ですが、「雑貨店・インテリアショップ」と同様で、こちらのデメリットが。

  1. 太陽光が入らない店舗が多いため、植物が弱る
  2. 観葉植物の生育にくわしい店員さんは少ない
  3. 植物にくわしくない店員さんが管理するため、植物が弱る

「雑貨店・インテリアショップ」よりも観葉植物が売れますので、「100円ショップ」のほうが苗の状態はいいようです。
とはいえ、大量に生産された苗ですので、もともとの品質もどうなのかと…。

園芸店を見てもらうと、500円以下で買える苗もけっこうあります
初心者の方は、ぜひ園芸店を見てみましょう。

失敗しない観葉植物の購入方法と選び方

失敗しない観葉植物の買い方と選び方

次に、失敗しない観葉植物の購入方法と選び方をご紹介します。

失敗しない購入方法:良い「園芸店・花屋」・「ネット通販サイト」を選ぶ

失敗しない観葉植物の購入方法のポイントは、良い「園芸店・花屋」・「ネット通販サイト」を選ぶことです。
以下でくわしく解説します。

良い「園芸店・花屋」の選び方

良い「園芸店・花屋」の選び方のポイントは、「店内の日当たりがよく、お客さんが多い店を選ぶ」です。

しゅう
しゅう

さらにいうと、相談したら”ていねいに説明してくれる”店員さんがいるお店がいいですね。

お店で販売されている時期も、植物はもちろん生長しています。
そこである程度の日光があたらないと、姿がくずれ、元気がなくなることに。

また、お客さんがいないお店だと、いつまでも古い株が売れ残ることになります。

しかも、お店として植物の販売に力をいれていないので、店員さんの育て方も雑。
平気でゼニゴケが生えてたりして、株の状態もよくありません。

こういったお店では「状態のよい株」に出会える確率が低いため、べつのお店を探しましょう。

ホームセンターも、できれば上記の店舗を選んでください。
100円ショップや雑貨店だと、日当たりを求めるのは難しいので、せめて「売れ残った感じのしない苗」を選びましょう。

◆「山形県と宮城県のおすすめ園芸店」は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「山形県のおすすめ園芸店・花屋・植物園
・記事「宮城県のおすすめ園芸店・花屋・植物園

良い「ネット通販サイト」の選び方

良い「ネット通販サイト」の選び方のポイントは次のとおり。

  1. 観葉植物の大きさや鉢のサイズなどの細かい情報が記載されている
  2. 観葉植物の情報や育て方などがサイトに記載されている
  3. 実際に出荷する株の写真データを送ってくれる
  4. 大手の通販サイトである(「観葉植物 通販」などでgoogle検索すると上位に出てくる)

しゅう
しゅう

上記1・2は「必須」、3は「あればなお可」、4は「迷ったらこれ」というところです。

珍しい植物なども販売されていますので、ぜひいろいろと探してみましょう。

なお、僕が利用して信頼できるおすすめ通販サイト後述しています。

失敗しない選び方:元気で状態のよい株を選ぶ

次に、お店で観葉植物を選ぶときのポイントとしては、「元気で状態のよい株」を選びましょう

具体的にチェックしたい項目はこちら。

元気で状態のよい観葉植物を選ぶ項目
  1. 株全体に勢いがある
  2. 葉が密に茂っている
  3. 枝や葉が徒長(ヒョロヒョロと間延びすること)していない
  4. 葉の色がイキイキしており、葉先などが枯れていない
  5. 葉や枝などに虫がついていない
  6. 鉢土の表面にゼニゴケが生えていない
  7. 品種を書いたラベルがついている

こちら↓がゼニゴケ。
鉢土の表面に生えてきます(そう簡単には生えないんですけどね)。

こちら↓がゼニゴケ。 鉢土の表面に生えてきます(そう簡単には生えないんですけどね)。
しゅう
しゅう

ほしい品種が何株があるときは、いちばん状態がいいものを選びましょう。苗の健康度は、育てやすさにも大きく影響します

購入後は枯れやすいので注意

購入後すぐは、観葉植物が枯れやすくなります

これは、販売されていたお店の環境に慣れていた植物が、ちがう場所に移され、環境の変化についていけないことがあるため。

そこで購入後2週間ほどは、次のような点に注意してください。

  • 明るい日差しが好きな品種でも、いきなり窓辺には置かない
    (販売店と同等の明るさの場所に置く)
  • 肥料を与えない
  • 水やりをやや控え気味にする
しゅう
しゅう

「状態の良い苗」であっても、購入後に弱ることはあります。ただし「状態の悪い苗」よりも枯れにくいです。

◆「観葉植物の選び方のポイント」は、こちらの記事でくわしくご紹介しています。
・記事「失敗しない観葉植物の選び方!

◆「初心者向けのおすすめ観葉植物や選び方」を知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。
・記事「初心者でも室内で育てやすいおすすめ観葉植物はこちら!選び方や育て方のコツも解説

◆「観葉植物を購入するときのポイント」は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。
・記事「失敗しない観葉植物の買い方を紹介!購入前・購入店舗・購入後にやってほしいこと

初心者でも育てやすいおすすめ観葉植物

初心者でも育てやすいおすすめ観葉植物

次に、初心者でも育てやすいおすすめ観葉植物のご紹介です。

[育てやすい観葉植物①]パキラ

[育てやすい観葉植物①]パキラ
出典:Amazon
育てやすさ★★★(カンタン)
耐陰性ある
耐寒性普通
乾 燥強い

ミニ観葉としても出まわっている「パキラ」。
上写真のように、幹を三編みにして仕立てるスタイルも人気です。

春~秋は直射日光がないと育ちが悪かったり、とくに夏はほぼ毎日水やりが必要
その点に気をつければ、どんどん育ってくれます。

◆パキラの育て方や水やりは、こちらの記事でくわしく紹介しています。
・記事「【人気観葉植物のパキラ】育て方・植え替え・水やり・剪定・挿し木の方法まで徹底解説

[育てやすい観葉植物②]ポトス

[育てやすい観葉植物②]ポトス
出典:Amazon
育てやすさ★★★(カンタン)
耐陰性普通
耐寒性普通
乾 燥普通

育てやすい観葉植物の代表格ともいえる「ポトス」。

育て方はもうとにかくカンタンで、たまに水をあげれば、ほぼ放ったらかしでもOKです。
茎を切って、水に挿すだけでも育つくらい丈夫(「水挿し」といいます)。

どんどんつるがのびてくるので、鉢をスタンドに載せたり、ハンギング(吊るすスタイル)でつるを垂らすなど、さまざまなスタイルで葉の緑を楽しめます。

通販サイト「HitoHana」でポトスを見る
通販サイト「ブルーミングスケープ」でポトスを見る

[育てやすい観葉植物③]ユッカ

[育てやすい観葉植物③]ユッカ
出典:Amazon
育てやすさ★★★(カンタン)
耐陰性ある
耐寒性ある
乾 燥強い

お店の開店祝いなどでも贈られる「ユッカ」。
育てやすいというポイントも、贈り物に選ばれる理由のひとつのようです。

正式には「ユッカ・エレファンティペス」という名称で、「青年の木」ともよばれます。

マイナス3度まで耐えるうえに、乾燥にも強い。
しかも上に上にのびていきますので、インテリアとして部屋においても、広いスペースは必要ありません

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの「観葉植物」人気ランキング

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの「観葉植物」人気ランキングは、こちらからご覧いただけます。
「どの観葉植物がいいか」を選ぶときの参考にどうぞ。

Amazon:観葉植物の売れ筋ランキング
楽天市場:観葉植物ランキング
Yahoo!ショッピング:観葉植物ランキング

観葉植物のおすすめ通販サイトをご紹介

観葉植物のおすすめ通販サイトをご紹介

次に、観葉植物のおすすめ通販サイトをご紹介します。

しゅう
しゅう

僕も利用しているサイトばかりですので、ぜひ使ってみてください。

Hana Prime(Green Jungleからリニューアル)

観葉植物のおすすめ人気通販サイトHana Prime(Green Jungleからリニューアル)
出典:Hana Prime

以前は「Green Jungle」だったサイトが、「Hana Prime」としてリニューアルしました。
大型の観葉植物を多く取り扱っていることが特徴です。

インテリアとして、リビングなどにピッタリのおしゃれな品種ばかり。
こういった植物を気軽に買えるのも、通販サイトならではといえます。

観葉植物のおすすめ人気通販サイトHana Prime(Green Jungleからリニューアル)
出典:Hana Prime

また「配送前に植物の写真を送ってくれる」というのも嬉しいサービスです。
これなら、届いてから「思ってたのとちがう…」ということがなく、安心して購入できます。

\ 12時までのご注文で、最短で翌日の到着(北海道、沖縄、九州、四国は翌々日)/
「どんな植物が合うかなあ?」と迷っているときは、無料で最適な植物を提案してくれます

HitoHana(ヒトハナ)

観葉植物のおすすめ人気通販サイトHitoHana
出典:HitoHana

観葉植物の通販サイト最大手である「HitoHana
その特徴は観葉植物だけで106品種・11609商品という、ほかに類をみないほど多くの種類が販売されている点です(記事作成日時点)。

観葉植物のおすすめ人気通販サイトHitoHana
出典:HitoHana

そのほか、1点もの観葉植物やフラワーギフトなども取り扱っているのですから、サイトの巨大さにおどろくばかりです。

50センチ以下の小さなものから、170センチ以上の大型まで、8段階にわかれたサイズで好みの植物を探すこともできます。
知らない品種をみつけることもあり、とにかくながめるだけでも楽しいサイトです。

\ 観葉植物なら、本州・四国・九州への送料が無料!/
配送前に写真を無料でメールで送付してくれるので、植物の形がイメージできますね

ブルーミングスケープ

大型~小型までたくさんの観葉植物を販売している「ブルーミングスケープ」。
記事作成時点では、大型観葉植物は231件も販売されています。

おもしろいのは、選び方に風水&花言葉で選ぶ」がある点です。

仕事運や金運、良縁など、風水で「吉」とされる植物を選ぶことができます。
これまで「見ため」や「育てやすさ」で選んでいた観葉植物に、あたらしい選び方が加わるのではないでしょうか?

また、「温室で管理した観葉植物を新鮮出荷」などのこだわりも紹介してくれており、安心して注文することができます(「出荷時の11のこだわり」より)。

育て方がわからないときは「観葉植物Dictionary」を参考にしましょう。

\送料・梱包手数料は、全国一律770円です(大きめサイズや北海道・沖縄を除く)/

日比谷花壇(hibiyakadan.com)

全国に直営100店舗以上を持つフラワーショップの「日比谷花壇」。
hibiyakadan.com」は、日比谷花壇が運営するフラワーギフト通販のオンラインショッピングサイトです。

メインはフラワーギフトなんですが、観葉植物も取り扱っています。

すべておしゃれで、かわいらしい鉢に植えられたモノばかり。
自分用にも、どなたかのギフトとしてもおすすめです。

観葉植物の室内での育て方のポイント

観葉植物の、室内での育て方のポイントは次の4つです。

  1. 置き場所(光・温度・湿度)
  2. 水やり
  3. 土選び
  4. 肥料

特に、上記1・2が重要です。
まずは育てやすい品種を選んで、少しずつ観葉植物を育てることに慣れていきましょう。

◆「観葉植物の育て方のポイント」のくわしい説明は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「観葉植物の室内での育て方のポイントを解説!

まとめ:観葉植物をどこで買うか迷ったら「園芸店・花屋」・「ネット通販サイト」へ

そこでこの記事では、失敗したくない初心者さん向けに、観葉植物はどこで買うといいのか、販売するお店ごとの特徴やおすすめ度、失敗しない購入方法・選び方、おすすめ観葉植物・通販サイトまでご紹介しました。

ぜひ記事を参考に、観葉植物をどこで買うか迷ったら「園芸店・花屋」や「ネット通販サイト」で探してみてください。

◆植物には「幸福度・生産性が高まる、空気を清浄化する」などのメリットも。くわしくはこちらの記事でご紹介しています。
・記事「部屋で観葉植物を育てるメリットとは?

◆観葉植物の特性は、こちらの記事でご紹介しています。
・記事「【室内で育てる観葉植物の種類・品種】株の大きさ・葉っぱのサイズごとに特徴をご紹介!

参考文献

この記事では、下記の書籍を参考にさせて頂いております。

  • 書籍 尾崎 忠・著『はじめてのインドアグリーン 選び方と楽しみ方』ナツメ社
  • 書籍 平田 幸彦・監修『置き場所 手入れ 増やし方がわかるインテリア観葉植物』日本文芸社

タイトルとURLをコピーしました